ワークショップを開催する意図

私は、私のワークショップに参加してくださる方々には、

『自分の意図に沿ってイキイキと前進したくなる気持ちと手ごたえ』

を発見し持ち帰ってもらいたいです。

そしてそこから現実の中に違いを創り出して、

それぞれが心から望んでいる物を手にして欲しいと考えています。

変化が早く、モデルケースが希薄な世の中

昨今の世の中は変化のスピードも速いうえに、

わかりやすい正解が見つかりにくくなってきています。

モノを得ることで豊かになる時代は終わり、

心の豊かさを探究する時代になったと言われています。

それを助長するように個々人のライフスタイルは多様化し、

これが幸せ!というモデルケースが希薄になってきています。

 

こうした状況をチャンスと捉えて、

新しいチャレンジを起こしている企業、

組織や個人が著しい成果を上げ始めている一方、

 

古い慣習や考え方に凝り固まった企業や組織では、

業績の低下や社員の流出や不祥事の再発に歯止めがかかっていません。

 

だからこそ私は、

自分たちらしく豊かな営みを創り出す企業や組織や個人がもっともっと増え、

本来の自分たちが持っている力を存分に発揮できる世の中へとアップデートしていきたいと思っています。

そしてワークショップを通じて、自分たち自身の内側から湧き上がってくる純粋な願望や違和感から、

新しい取り組みを生み出すお手伝いをすることに甲斐を感じています。

ディスカバリー ワークショップ研修

 

自分自身の中に既にあるものを探究する空間

新しい取り組みと聞くと、

自分たちから遠いどこかから生まれてくる

ようなイメージをお持ちになる方もいると思いますが、私はそうは考えていません。

 

私は企業も個人も、

本当はこうしたいのにな、本当はこんなあり方が理想だよなという気持ちを、

潜在的に、あるいは既に顕在的に持っているものと思っています。

 

そうした気持ちを形にするきっかけや、見つめる時間、

自由に表現していい場がないことが改革や改善を妨げ、

場合によっては組織の衰退を生んだり、個々人の意欲の低下につながっている。

いま日本全体がこうした空気に覆われていることを、私は悲しく感じています。

 

だから私は、

ワークショップを通じて既に自分たちの中に存在している

正直な気持ちや未来に向けたアクションと出会う機会を提供していこうと決めました。

企業や組織の業績が向上したり、イキイキと暮らす個人がもっともっと増えたら!

ワークショップの企画運営者として冥利に尽きます。

 

目指す効果

組織や人の活力が引き出され、新たな行動が次々と生まれ続ける状態

ディスカバリーワークショップの効果

 

発見や意欲が湧いてくる場作りに向けて

私はこうしたポイントを整え、開いた空間が生まれるよう取り組んでいます!

  1. 安心安全で自分を持ち出せる空間
  2. 参加者どうしが承認しあえる空間
  3. 自分の気持ちと素直に向き合える空間

そのうえで参加者を枠にはめず、

気がづけば、ぱっと自分の気持ちをつかむことができるようにリードしていきます。