事実と解釈を切り離せば悩みの大部分は消える!

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は長い間、自分の感情をコントロールするのが苦手でした。

直上的ですぐカッとなったり、

落ち込むとずーっと鬱々した気持ちから逃げられなくなったり、

もっとうまく自分と付き合えたらいいのになと思ったことは数え切れません。

特に、不安やネガティブな気持ちってすぐに湧いてきてあなたを離しませんよね。

 

ですが私は、

コーチングを学び、現実を適切に扱うトレーニングを積んでから、

余計な感情に振り回されることなく毎日を過ごすことができるようになったんです!

その軽やかさと言ったら格別で、もう二度と以前の自分には戻りたくありません(笑)

 

今日は実体験を元に、

現実を適切に扱うとどれだけパワフルかをお伝えしたいと思います!

昔の私のように悩んでいる方がいらしたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

返ってこないメールに膨らむ妄想・・・

4~5年前のことでした。

私は同じ事業を担当している先輩にメールを送ったんです、

先輩が作成してくれた企画書へのコメントを添えて。

 

がしかし。

2~3日ほどメールが返ってこないどころか、何のリアクションもありません。

私以外の社員が送っているメールには返信やコミュニケーションがあるのにです。

その様子を見ていた私はすごく悲しい気持ちになりました。

そしてメールが返ってこない理由を考え始めました。

 

コメントが気に障ったのだろうか・・・。

それとも他の件で怒らせるようなことをしてしまったのだろうか・・・。

 

そうやって考え始めると、

なんだかその先輩の態度がとても機嫌が悪そうに見えてきて

ますます「オレなんかやっちゃったのかな・・・?」

と不安が頭から離れなくなりました・・。

それからの数日は出社するのがすごく辛かったです。

 

このままじゃイカン・・・。

なぜメールの返信をくれないのか、

私は先輩に思い切って聞いてみることにしました。

 

すると、

先輩からは私が全く予想もしていなかった回答が返ってきたんです。

 

「えっ!?メール!?うそ!?ごめん、見落としてた・・・!!!」

 

って。

 

えーーーーーーーーーーーーー!!!

 

それならそうと早く言ってよーーーーー!??

なんだよもうっ拍子抜けだよっ!!!

 

早々に確かめておけばムダな感情に振り回される必要はなかったので、

まさに心配して損したというオチでした。

 

 

 

事実と解釈を混同せず適切に扱う!

このケースですが、

事実だけを適切に扱っておけば、

こんな不安のループに陥りエネルギーを浪費する必要はなかったんです。

 

この場合の事実とは下記です。

・メールが返ってこない

・他のメールには返ってきている

・機嫌が悪そうに見えると感じた自分がいる

(本当に機嫌が悪いかは確認が必要)

 

それをぼくはどう解釈したか

・機嫌が悪いのはぼくが送ったメールが何か気にいらなかったから

・腹いせにメールを返してくれない

 

勝手に自分で妄想を膨らませて

エネルギーを取られて

まるで軽やかではないですね。

 

解釈はなるべく排除して、事実だけを扱うこと!

そう意識するだけで日々の無駄な葛藤や悩みの大部分は消失します。

 

軽やかな毎日を過ごせることを意図して!

いかがでしたでしょうか。

読んでくださったあなたがイメージしやすいように、

身近で小さな事例を元にお伝えさせていただきましたが、

人は事の大小を問わず、勝手に自分の解釈を加えて、

事実を歪ませ自らを窮地に陥れる習性を持っています。

 

ぜひこの記事を読んでくださったあなたは、

こうした解釈に翻弄されることなく、

機能する自分で日々を過ごしてください!

 

ちなみコーチングではこうした個々人の解釈に基づく思い込みを外し、

適切に現実を扱うためにコミュニケーションを重ねます。

 

私は仙台周辺でコーチとして活動していますので、

もっと軽やかに、もっとパワフルな成果を出したい!

そのためにコーチングを受けてみたい!

と検討されている方はぜひお問い合わせくださったら嬉しいです。

 

あなたにお会いできることを楽しみにしています!

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です