日本の幸福度が低い13個の理由

国連が「世界幸福度ランキング2019」を発表しました。

日本の幸福度が低いと声高に叫ばれるようになってから随分時間が経った気がするので、

そろそろ何か改善されて、ランキングが上昇したのではないか。

 

そう期待して読んでみたら、まさかの下落でした。

ちーん。

 

HUFFPOSTの「世界幸福度ランキング」2019年版が発表。日本の順位はどうなった?

によると昨年の54位から4ランクダウンして、58位となったそうです。

 

なぜ日本人はこんなにも豊かな経済力に恵まれて、

戦争などで命を奪われる心配はほとんどなく、

四季が美しく海も山もある土地に住んでいても、

一向に幸せを実感できないのでしょうか?

 

ご飯だってすごく美味しいのに。

 

ちょっとショックだったので、これをきっかけに、

ぼくが感じている日本社会へのモヤモヤは何かと考えてみました。

 

イジメが多い

40代以下の人と話していると、

イジメられた経験があると語る人のなんと多いことか。

 

自分の過去を深く開示する時間で、

たまたま集まった30人のうちの半分くらいが、

イジメに遭った経験があると語っていた時はビックリしました。

 

イジメが起こる背景の多くには、

他者への不寛容さや、自己承認欲求があると思います。

 

よく考えたら、

他者を許せず、

自分のことを自分で承認できない

っていう人を量産する環境にぼくらが生きてしまってるのだとしたら、

それは確かに、幸せから遠いかもしれません。

 

他者をイジメなくてもOKな環境をちゃんと真剣に作らないといけない。

 

自由な恰好(個性)を許さない

中学高校に通う6年間は、

制服にジャージにかばん、

髪型からスカートの長さ、

爪の長さまで指定されて、

就職活動は同色同形のスーツ。

 

働きに出ても、

納得できるほど明確な理由はないのに、

なぜか決まってスーツを着用しないと許されない。

 

そんなの息苦しいよね。

Tシャツじゃだめなの?

 

失礼だから

という曖昧な基準で思考停止してるだけだよねえ。

 

中学高校も、もっと個性を認めあうことを教えたらいいのに。

そのほうがイジメも減るでしょ。

 

個性を主張してもOKな社会にしよう。

 

監視がメチャ厳しい

仙台市営地下鉄に乗るたび、

なんだかなあという気にさせられるのが、

駅員さんが駐在している部屋の前に、

「駅員はタブレットで業務を行っています」と注釈が貼ってあること。

 

貼らないと攻撃する人がいるんだろうね。

人を攻撃しないと自分自身でいられないって、相当キツイし、

自分を保つために他者を傷つけて巻き込んじゃダメでしょ。

SNSもすぐ人の揚げ足取り。

 

ニューヨークでマクドナルドに行った時は、

わお?日本から来たのか?オレNARUTOが大好きなんだ!

って店員さんから話しかけられて一緒にスマホでNARUTOのオープニングムービー見たよ。

誰も怒らず和やかだったよ。

 

人を監視して、攻撃して、悦に入るのはやめよう。

他の方法で自尊心を高められるようにするためには、

どうしたらいいんだろう。

 

減点法が窮屈

揚げ足取りに通ずると思うんだけど、

日本てすごく減点的な思想で物事を判断するよねえ。

チャレンジは褒めずに失点を責める。

 

その結果、

チャレンジするより失点をしないぞ!

という意識を小さいうちから何度も植え付けられて、

気がついた頃には見事に挑戦できない人間にさせられている。

 

チャレンジしたら失敗してもOKじゃない。

そっちの意識のほうを育もうよ。

 

転職は負けという風潮

転職する人=負け組

転職を繰り返すヤツはおかしい

みたいな風潮があるけど、

そっちの考えのほうがどうかしていると思う。

 

合わない会社にしがみつくより、

自分が居心地よかったり、

実力を発揮できる場所を探すほうがゼッタイ幸せ。

 

変化が早い時代になってきたので、

1社で人生を完遂するのは困難だとも思うし。

 

もっと人の流動性が高い世の中にしよう!

 

年功序列で決まる給料

明らかに仕事をしていなくて、

もう新しい知識を覚える気もなくて、

ふだんは置物のようにしているのに、

既得権益が奪われそうになった途端、

権威や過去の実績を振りかざしてくるような人たちが、

汗水たらしてひーひー働いている自分より給料が高い。

しかも少しじゃなくて2倍とか3倍も。

 

っていう環境でイキイキ働けるわけないよなあ。

 

仕事をしている人にはたくさんお金を払うけれど

仕事してない人にはお金を払わなくてもいい。

 

そっちのほうが健全じゃないかな。

 

まあ普段は何もしていなくても、

会社の危機に劇的な能力を発揮するタイプの人もいるから、

一概には言い切れないけれども。

 

部活に入ると他のことができない

多感な時期に入部を強制させられ、

しかも掛け持ちは実際ほとんどの場合許されない日本の部活。

何それって感じしません?

 

やりたいことをやればいいと思うんですよ。

それが2つなら2つやればいいし、

5つなら5つやればいい。

なのに部活に全てを捧げろみたいなあの空気。

 

部活に全てを捧げると人生が万事うまくいくようになるならそれもいいけど、

そこまでの恩恵はないじゃない。

 

それなら多彩な経験を積んで価値観を育てたり、

できることを増やしたほうがいいと思う。

 

 

保育園に入れない、自由に選べない

子どもが保育園に入れないのは本当に本当にきつい。

我が家は夫婦それぞれ仕事を通じて実現したいことがあるので、

仕事をしない選択は考えたくなかったんだけど、

入れる保育園が無ければ考えるしかない。

あの絶望感ったらなかった。

 

しかも保育園を選べるわけではないので、

アレ・・・?

と感じる園に当たったら最後、

ガマンするしか方法がない。

 

娘が通いたくないと言っている園に娘を引きずって行くのは、

心が壊れそうになる。

 

いっそこんな園ならSNSの力で・・・

と思った瞬間もあるけれど、

その園によって救われている家庭もあるわけで。

代替の園がない以上、サービスが劣悪でも淘汰されない。

 

そして時短で稼げる給与とそう変わらない額の保育料がかかることも、本当に辛い。

 

もっとみんなが安心して子どもを預けられる保育環境が欲しい!

 

道路が狭い

日本の多くの道はとにかく幅が狭い。

 

車同士ですれ違うのに気を遣ったり、

子どもを一人で歩かせるのが怖かったり、

犬が道路に飛び出そうとしてドキッとしたり、

道路が狭いのはストレスでしかない。

 

でもその道を毎日使わなければならない。

こういうのは地味だけど、

潜在的に、長く、人の心にイライラを生み続ける。

 

人が減って空き家が増えるなら、

どんどん道路を拡張して欲しい。

 

電柱と電線が多い

付随して電柱と電線の多さには辟易する。

ごみごみした景観の中に暮らしていて幸せなわけがない。

これまでに作ってしまったものは仕方ないから、

今後はどんどん埋設してスッキリさせていくほうがいいかと。

 

先日被災地を訪れた際に、

津波で全て流された地域に大量の電柱が立てられた光景を見て愕然としました。

きっと原状復帰をすることにしか、

お金の使途が許されなかったのだろうとは思います。

 

その理屈は分かるけれども、

もっと他の方法を選べなかったのかと考えさせられました。

 

景観と幸福度の関連はきっと低くないと思う。

 

ジェンダーギャップが大きい

企業における役職者にしても、議員や大臣などにしても、

日本は先進国と比べて極端に女性の割合が少ないですよね。

 

片方の視点からだけ世の中を見ていては、

どこかに歪みが生まれたり、見落としが起こるでしょう。

 

ぼくは場作りをするパートナーが、

自分とは異質で、女性だとすごく安心感を感じます。

 

自分と同質で、男性だと、

ゼッタイ同じポイントしか見ていないから心配になる・・。

 

有給が使いづらい

有給の理由を言え(理由が不適当なら認めない)とか、

有給を使う2週間前までには申告しろとか、

そんなのめんどくさくて使えないですよね。

 

もっと気軽に、ライトに休めるようにしちゃおうよ!

LINEで「今日休みまーす!」でいいじゃない。

 

仕事が一番という発想

これは本当に不思議なんですが、

なんで「仕事がゼッタイに一番優先すべきもの」

という論理を振りかざす人が大量にいるのでしょうか。

 

どう考えても、

自分自身の人生や家族、身近な人のほうが、

仕事より大事なものだと思うんだけれど。

 

大切な人たちを守りたいから、

大切な人たちと一緒にいい時間を過ごしたいから、

働くのだと思うんだけれど!

 

仕事至上主義から脱却して人生そのものを大切にしよう。

 

まとめ

1時間程、思いつくままに筆を走らせてみました。

 

なかなか根深い問題だらけですが、

この20年ほどで日本が大きく変化してきたことを、

自分の成長と重ね合わせながら感じました。

 

ということは、

20年後はもっと劇的に世の中が変化していてもいいですよね。

 

ぼくは娘の生きる未来が、

もっと生きやすい社会になっていればいいなと思うので、

ワークショップを通じてできることを重ねて行こうと決意を新たにしました。

少しでもこれらの改善に貢献できたら幸いです!

 

ちなみにHUFFPOSTのこちらの記事が分かりやすいのですが、

こうした調査は文化の違いがスコアの差につながりやすいそうで、

日本が他国と比べて本当に幸せを実感できていないのかは定かではないそうです。

そう思うと少しほっとしますね。

 

日本の幸福度ランキング、来年は上がるといいな。

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です