ワークショップを始めた理由とビジョン

ワークショップを始めた理由

人に貢献できるのが嬉しかったんです!

高校生の頃、

自分に存在価値なんてあるのかなってけっこう悩んだ時期があって。

 

そんな時にサマーキャンプの高校生リーダーをして、

色々とグループ活動の企画を考えた結果、

グループのキャンパーたちにすごく喜んでもらえたんです!

グッときました。

 

こんな自分でもに人に貢献できるんだーーーーーって!

自分の世界がシフトした瞬間でした。

そこから本格的に運営者になって、

大学を卒業するまでに8回、夏冬のキャンプを企画運営しました。

 

その間、キャンパーやキャンプを運営する後輩に向けたワークショップを年中実施していたんです。

うまくいくこともあったし、うまくいかないこともありましたが、

人が変化する瞬間に介在できること、

立ち会えることがとにかく幸せでした!

 

そういう時って、その人からぱっと咲いたような感じが伝わってくるんです!

すごくキラキラした雰囲気があふれてきて、顔つきも見違えるようにハッキリして。

あの瞬間に出会うのがとても好きで、だから今でもワークショップをやっています!

キャンプを運営していた仲間と蔵王で

ワークショップを通じて目指す世界

こうした経験を経て私は、

『ワークショップで人々の人生を豊かにしたい!』

という想いを持って、企画運営や対話の場作りをするようになりました。

 

絶妙なタイミングで自分の心に火が点いた時って、
どこまでも意欲的に行動できますよね!

私はそんな自発的な意欲がワークショップの空間から引き出され、

イキイキと自分の目指す軸に沿って進む人が増えたら嬉しいなぁと思っています!

 

そうした人が増えたら、

今よりもっと多くの人が他人の目や評価を気にせずに、

自分のやりたいことに向かって邁進できる世の中になると思うんです!!

一方で多くの人が、

新しいことにチャレンジしてみたい!

もっといい組織にしたい!

更に成長したい!

 

という前向きな意欲を持っているにも関わらず新しい行動を起こせなかったり

時にはその気持ちをごまかし、すり替えたりしながら巧妙に諦めてしまったり。

または上手に環境のせいにして、できない理由を作って、自分を、自分たちを止めてしまう。

 

皆さん自身や、皆さんの職場でも、こうしたことが起こっていませんか?

私自身も高校生の時や、社会人になりたての時に強い閉塞感に囚われ、

前に進みたいのに身動きが取れない苦しい時期がありました。

 

だから、そういう状態に置かれている人が苦しさから解放され、

日々をワクワクしながら生きるお手伝いができたらとても嬉しく思います!

私はいまフリーランスになったばかりで1人でこうした仕事を行っていますが、

ゆくゆくは、イキイキと型にはまらず、次々と新しいことにチャレンジしていく仲間を集めて、

人が前進したくてたまらなくなるような空間を数多く創り出していきたいと思っています。

 

そうしたらもっともっと楽しそうな個人や、活力に溢れた職場が増えていって、

私もあの人のように生きたい!うちもあんな会社にしたい!

という憧れが生まれると思うんです。

 

その輪がどんどん拡がって行ったら、

人生が豊かだ!仕事が面白い!と笑顔で語る方が増えますよね!

そうしたら東北や、ひいては日本がもっともっと元気になると思いませんか?

 

そんな未来に貢献できたら、私はとても嬉しいです!

 

『ワークショップで人生を豊かに!』を掲げる理由やこだわりについてはブログにまとめました。

よろしければこちらもご覧ください。