ワークショップ研修・コーチングセッションからの前進のイメージ
スポンサーリンク

場作り屋の相内です!

仙台を拠点にワークショップの企画運営や

ファシリテーション、コーチングなど

人が前進するための場作りを行っています!

 

先日幸福感を高める教育という記事を読みました。

自民党のプロジェクトチームが、

10年後の教育のあり方

について中間報告をまとめ林芳正文科相に提出し

これからは幸福感を高める教育が必要

との提言をしたんだそうです。

チャレンジしない日本人

ぼくはこの観点を学校教育で扱うことに賛成です!

多くの日本の学生は

諸外国の学生と比べて自己肯定感が著しく低く

自分自身を「できない存在」として低く扱っているからです。

 

だからこそ多くの日本人がチャレンジを恐れ

目立ったり浮いたりしないよう巧妙に立ち振る舞っています。

 

もっと悪いことには

「自分はできない」という世界に居続けるために

周囲の誰かが抜きん出ようとしたら

強く圧力をかけて足を引っ張るということまで日常茶飯事です。

 

そうした空気が蔓延した結果

多くの人が

このくらいだったら大丈夫だろう?

という枠の中で

周囲の目を気にしながら生きています。

 

ぼくは、そういう社会はとても生きづらいと思うし

自分の娘が大きくなった時に暮らす世界は

もっと自由で開かれていて欲しいと願っています。

 

そのため、教育の重点ポイントが変化し

こうした状況が打破されていくとしたらとても嬉しいです。

スポンサーリンク

幸せであることを決めるのは誰か

一方、「幸福感を高める」という表現からは

外部からの刺激によって幸福感を引き上げなければならない

という上下の関係や、義務の質が感じられ、少し引っ掛かりを覚えました。

 

人はそれぞれ

何を幸せと感じるかが違います。

 

例えばある人は、

お金がまったく稼げなくとも

社会を変えるという大志に邁進することが幸せかもしれません。

 

使い切れないくらいのお金を稼ぎ

自分のために使うことが幸せな人もいるでしょう。

 

同じように莫大なお金を稼いで

よりよい社会を創るために寄付する

ということで幸せを感じる人もいますよね。

 

だからぼくは

「幸福感を高める」ことを教育の中で扱うのであれば

ぜひ「私自身は何を幸せと感じるか」を探究して欲しいと感じました。

 

人は、他者との比較や、生み出す価値の多寡からではなく

自分が心から納得できる軸を見つけることができたら

自然と心に火がついてイキイキ行動できるようになります。

 

そうした人が増えると、

つまらない足の引っ張り合いがどんどん減るはずです。

 

なぜなら自分の軸の上で走っている人は

他の人と比較して落ち込んだり

誰かを小ばかにして

自分自身を安心させるようなことに囚われませんし

 

自分自身がひとつの特徴的な個であると知れば知るほど

相手もまた同じように考え、意図を持ち

独自のゴールに向かっているひとつの存在なのだ

と感じられるようになり

お互いの存在を承認しあうことへと繋がるからです。

スポンサーリンク

自分の人生に生きることが相手の承認にもつながる

自分の軸を明確に持っていて

お互いをありのまま承認できていること。

 

ぼくはこうした状態の人が幸せだと思っています。

日本に生きる多くの人が自分なりの手ごたえやワクワクを見つけて

一歩踏み出す人で溢れたらとても嬉しいです!

 

そのためにぼくは

これからもワークショップを続けて行こうと思っています。

 

また、この提言がどんな未来に繋がるのか分かりませんが

きっとイイ未来になることを信じていたいと思います。

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事