じっくりアイスブレイクを行うことの大切さ!

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

先日MY PROJECT START UP CAMP 2018 東北カイギの運営をしてきた際、

私にとって新しい発見がありました!

 

朝のアイスブレイクをじっくり行うと、

とっても場が落ち着き、伸びやかな空気が広がるという気づきです!

 

朝のアイスブレイクに期待していたこと

私は、合宿を開催する際は必ず朝にアイスブレイクを入れます。

時間は決まって15分です。

 

朝はぼやっとしている参加者が多いので、

体を動かしてワークに向かう態勢を整えよう!という意図から、

体操系のアクティビティを選ぶことがセオリーになっていました。

そうすると一気に参加者が覚醒して、どよんとした朝の空気が一変します。

 

ただ、今になって思えば、

これは参加者を強制的に(反射的に)動かしていただけだったかもしれない、

と少し反省しています・・・。

 

驚きのアイスブレイク!

それは東北カイギ2日目朝のことでした。

アイスブレイクをお願いしていた方が用意してくれたゲームが衝撃的だったんです!

 

まず8枚の絵が用意されていました。

それら1枚1枚を6分割にして、54枚のパーツに分けます。

 

会場にいる参加者はそのうちの1枚を手に取って、

自分の絵と同じパーツを持っている人を、

お互いの絵を見せ合わずに説明だけで集めるというゲームです。

 

正直、最初は、これ盛り上がるのかな・・・?と少し不安を感じました。

 

ただ、絵はけっこう複雑なうえに、

中には青い空に白い線が1本だけ書かれているピースなどもあり、

高校生と大人でも本気で自分の絵を説明し合わないと仲間が見つからない仕立てでした。

どれだけ話してもなかなか仲間を集められず、

予定していた15分では全く終わる気配がありません(笑)

 

結局25分くらい時間を取ったのですが、

その間、参加者はずっと話しっぱなしで、

仲間を見つけた喜びや、

せっかく仲間だと思ったのに実は違った・・!という悲しみを堪能し、

キャッキャッとはしゃいでいました。

 

おお、すごく盛り上がった・・・!

自発的に開かれる心!

後から考えると、これはすごく効果的なワークでした!

 

まず第一に、参加者のやる気にスイッチが入りました。

これまでのように体操系のワークだったら、

やった瞬間は盛り上がるものの、効果は長続きしません。

それがこの日は、じわりじわりと場が開いて行って、

午前中のうちはずーっと効果が続いているように見えました。

 

二つ目に、参加者がたくさんの人と関われました!

合宿では時間があるようで、意外と自分の班ではないメンバーと話すタイミングがありません。

このワークはほぼ全員と会話をしないと正解にたどり着けないので、

交流を生み出す仕掛けとして素晴らしかったです!

 

三つ目に、発見する喜びを疑似体験できました!

この合宿では参加者それぞれが、

自分自身の価値観や経験と深くつながったプロジェクトを作り込むのですが、

ゲームを通じて「見つかったら嬉しい!!!」

という感情を先取りできたことは、

参加者の行動やマインドにすごくいい影響を与えてくれたと思います!

 

 

まとめ

私はこれまで、アイスブレイクはそこまで細かく意図を持たずに、

かつ他のプログラムとの兼ね合いも大きくは気にせずにいました。

 

15分くらい体を動かせばいいや!

 

と安易に思っていたのですが、

この朝の様子を見て、

あーーー、もっとアイスブレイクもこだわれるんだ!

と学ばせていただきました。

 

じっくりアイスブレイクの時間を取ると、

その後のワークの調整で頭を抱えることになるのが目に見えてはいるのですが・・・、

画一的に15分!と決め打ちすることはないですね!

 

またワークショップの可能性が拡がりましたっ!

 

おまけ

どんなアイスブレイクを実施するか悩む!という方は、

日本ファシリテーション協会 アイスブレイク集をご参考いただくといいかもしれません。

しっかり数が載っているので、何かしら面白そうなワークが見つかると思います!

 

ワークショップの設計全般は、下記がおススメです!

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です