ワークショップのアイディア出し
スポンサーリンク

場作り屋の相内です!

仙台を拠点にワークショップの企画運営や

ファシリテーションコーチングなど、

人が前進するための場作りを行っています!

 

ぼくはワークショップのネタになるものがないか

常にアンテナを張りながら毎日を過ごし

アイディアをどんどん溜めているのですが

最近ニュースを見ていて

とても気になるワードが連発されていることに気づきました。

 

『身を切る改革』というワードです。

 

あいない
身を切る・・・?(震え)

身を切る改革から幸せは生まれるか?

ぼくはこのワードを聞いた時

こちらも苦しいんだからあたなも我慢してね!?

と強要されているような質が感じられ

とても窮屈な心地がしたんですね。

 

日本は人口が減少するトレンドなので

このままの国力を保つのは難しくなっています。

 

だからムダ遣いは減らして

国力に見合った財政基盤の再構築を目指そうとする意図は理解できます。

 

だって収入が減って行くのが決まっているなら

収支のバランスを見直すのは当然です。

 

でも、改革の方向って

辛い方向だけでいいのでしょうか??

 

身を切ることで

国の制度や会社を維持することはできるかもしれない。

 

けれどその結果、

そこに暮らす人々の幸福度はどうなるのでしょうか?

 

我慢を強いられるだけで終わってしまったら

幸福だ!生きてて良かった!

と思うことはゼッタイに有り得ませんよね。

 

こうして書くとごく当たり前のことに見えますが、

職場でも、家庭でも、

これと同じような構造になっていることが多くありませんか?

スポンサーリンク

身を切ることばかりを強要する会社は健全か

例えばぼくのサラリーマン人生を思い返してみると

「残業せず早く帰れ!」

「休日出勤したら代休をマストで取れ!」

とマネジメントはどんどん強くなるのに、

無駄な会議や細かすぎるチェック体制は減らない。

 

「職場満足度を向上させろ!」

と怒鳴りつけられるのに、

真夏でもスーツにネクタイで汗だくで外回り。

帰ってきたオフィスも省エネのため28度の温度設定。

 

「業務を減らせ!効率をあげろ!」

と指示されるのに、

職場飲み会の企画だけは手抜きが許されなかったり(笑)

 

こんなチグハグなことばっかりで、

思考停止した化石のような上司の指示を嘆いたものでした。

 

あなたの身の回りにも心当たりがありませんか?

 

従業員に我慢を強いる改革は

強権が発動され有無を言わさずに行われる一方

従業員を苦しさから解放する改革はほとんどなかったなぁ。

スポンサーリンク

楽をする改革と、身を切る改革は両立できるのでは?

そこから考えるに我々日本人は

人々を苦しめているものから解放する

そして健全に楽をする

という質の変化を、

もっともっと求めてもいいのではないでしょうか?

 

そうやって“間”を作ることで

人が本来持っている自主性や

創造性が花開くための心のスペースが生まれて

これまで以上に大きな成果が生み出せる組織や

個々人の体質へと変化することができたら

とても楽しい世界になると思うんですよね!

 

身を切るところではしっかり血を流し、

健全に楽をできるところは思いっきり楽をする。

この両輪がちゃんと回っている組織こそ

これからの時代にふさわしいのではないでしょうか。

 

そんなことを考えていたら、

こんなアイディアが浮かびました!

 

目標を達成するために(課題を解決するために)

 ・しっかり身を切ったほうがいい部分はどこですか?

 ・苦しさを取り除いたほうがいい部分はどこですか?

 

楽をする改革も身を切る改革も

どちらかだけに偏るのではなく

両立させることができるはずです。

 

こんな問いを切り口に

組織の改革をお手伝いでき

イキイキと働く人が増えたら!

ワークショップデザイナーとしての冥利に尽きます。

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事