「今の自分の状況を見つめて、欲しいものを明確にする」ワークショップ
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、「今の自分の状況を見つめて、欲しいものを明確にする」です。

 

制約が急に多くなってしまった最近の毎日に、(なんか違うなあ) と感じている方は多いだろうと思います。

 

でも、なんか違うなあの正体をちゃんとつかんでいる方はどれくらいいるでしょうか?

 

漠然とした違和感や、不満、不安は、そのままにしておくと、いつまで経ってもあなたの心をさわさわさせてしまうと思うのです。

 

だから今日は、今の現状を8つの視点から見つめてみて、自分が満足していること、不足を感じていることがハッキリ自覚できるようなワークショップを作ってみました。

 

ぜひ気楽に取り組んでみていただけましたら幸いです!

チェックイン

ぼくのワークショップは、「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

 

だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみていただきたいと思います。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

ひとりで読んでいる方は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる方は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか? (思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、相手のことを評価したり、意見を変えたりしようとせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

スポンサーリンク

今の自分の状況は何点ですか?

では本題に進んで行きます!

 

冒頭にも書かせていただいたように、このワークショップでは今の自分の状況を自己採点していただきたいと考えているのですが、いきなり「今ってどう?」と聞かれても答え辛いと思います。

 

なぜなら「今の自分の状況」には様々な要素が含まれるからです。

 

そこで今日は、まず以下の8つの項目からご自身を見つめてみていただきたいと思います。

 

まずは自分の現状を知ろう

こちらはコーチングを普及されているチームフロー社様の、ライフチャートというフレームを引用させていただきました。

 

各項目をあなたの現状に照らし合わせていただき、1~10の中から点数をつけてください。(1点に近いほど不満、10点に近いほど満足)

 

採点が終わったら、各項目の点数をつけてみることでどんな気づき・発見があったかを感じてみてください!

今のあなたの状況を10点満点で採点してみる

時間は10~15分ほどでお願いいたします。

 

考え終わったら、お一人で読んでくださっている方は、次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は採点の内容と、どんな気づき・発見があったかを共有しあってみてください。共有される意見は絶対に否定しないことを前提にし、お互いの考えを尊重し合っていただけるようお願いします!

これからあなたが手にしたいものは?

続いて、各項目に対して、あなたがこれから手にしたいものを考えてみてください。

 

人生を通じて実現したいことや得たいもの、コロナウィルスの影響によって今現在失われてしまっていることなどなど、何でも思うままに書いていただければと思います。

 

ポイントは、できるかできないかはさておき、湧いて来た考えはしっかり書き残すこと!

あなたがこれから手にしたい物

必ず全項目に対して考えなければならないことではないので、ちょっと考えても浮かばない項目があれば、無理せず飛ばしていただいてもかまいません。

 

ぼく個人は、ワークショップを更に進化させることに役立つ専門知識を学びたいなという気持ちと、オンラインで仲間と交流しながら笑い合える娯楽が見つかれば嬉しいという気持ちが真っ先に湧いてきました。

 

あと、書斎がある家に住みたいなあ。憧れの書斎!

 

さあ、あなたはいかがでしょう? どうぞ思考を制限せず、自由に考えてみてください!

 

時間は15分くらいでお願いします。考え終わったら、お一人で読んでくださっている方は、次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、どんなことを手にしたいと思ったかをぜひ共有しあってください!

未来へ向けたアクションを描く!

ここまで、皆さんには自分の現状と、これから自分が手にしたいものを見つめていただきました。

 

このパートではその仕上げとして、望む未来に向けてどんなアクション(行動)を取ることができるかを考えてみましょう!

 

せっかくなので、少し先の未来まで思考がつながるよう、2020~2023年までの期間を設けました。

 

短~中期的な目線で、各項目の自己採点を更に高めるために、あるいは、あなたが手にしたいと感じたものを手にするために、どんな行動を起こすことができるでしょうか?

 

ぜひ思いついた内容を書き出してみてください。

各項目に対して取り組んでいけることは?

 

たとえばぼくは、こんなことが浮かんで来ました。

例) 行動計画を立てよう!

項目によって、3年先まで見通せることもあれば、直近のことしか浮かんで来ないこともありました。

 

きっと皆さんにも、考えやすい項目と、そうでない項目があると思います。ですのでみなさんも無理に全てを埋めようとはせず、考えられる範囲で取り組んでください!

 

時間は15~20分ほどでお願いいたします。

 

書き終わったら、お一人で読んでくださっている方は、どの項目に焦点を当てて今を過ごすのがよいか、ぜひ優先順位をつけてみてください。

 

複数人で読んでくださっている方は、どんな未来に向かって、どんな行動していこうと思ったか、それぞれ共有をお願いいたします!

チェックアウト

最後にチェックアウトとして、下記の2つを見つめてみてください。

 

・今日の気づき、発見はなんだったか

 

・今どんな気持ちを感じているか

 

1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

 

複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってください。

最後に

・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

 

・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。もしお役に立てましたら、SNSなどでシェアしていただけますと嬉しいです!

 

・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

コロナウィルスの支援に関する情報

■首相官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_shien.html

 

■厚生労働省(相談・受信の目安、心の相談窓口等)

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

 

■マネーフォワード(補助金・助成金等)

https://covid19.moneyforward.com/

 

今日も一日お疲れ様でした。また明日!

相内洋輔

お気軽にお問い合わせください!メールでのお問い合わせは workshop.design44@gmail.comへ!080-6002-6315 (ワークショップデザイン 相内宛て)受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合せフォーム (Googleフォームが開きます)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事