自分の軸
スポンサーリンク

場作り屋の相内です!

ぼくは仙台を拠点にワークショップの企画運営や

ファシリテーションコーチングなど

人が前進するための場作りを行っています!

 

先日、『宮城県ネクストリーダー養成塾』

のワークショップを2日間お手伝いしてきました!

宮城県ネクストリーダー養成塾とは?

宮城県ネクストリーダー養成塾は

中学生が将来の夢や目標について

自分の考えを深める機会を提供する意図で

宮城県が主催している研修です。

 

今年は県内の全域から中学生が50名ほど集まり

知事や各界で活躍されている方々の講話

同世代の仲間たちとのグループワークなどを通して

お互いに刺激し合いながら真剣に未来を考えました!

宮城県ネクストリーダー養成塾

ぼくは中学生を相手にしたワークショップは経験がなかったので

どんなふうに進んでいくのか

集中して参加できるのだろうか

と疑問が絶えませんでしたが

 

ベテランファシリテーターの進行がとてもテンポ良く

中学生たちは何時間も真剣にワークと向き合っていました。

 

特に、自分はどんなリーダーの資質を持っているかを体感する機会として

グループの全員が代わる代わるリーダーを務め

ミッションクリアを目指した5時間は圧巻でした!

 

すごいエネルギー量!

ワークショップ チームビルディングのゲーム

どれだけ早くカードを移動できるかに挑戦!

 

生徒たちは、

ワークを通じて感じたことを振り返りながら

自分はどんなリーダーを目指すか考えました。

スポンサーリンク

夢と志の違い

その中で、

夢と志の違いはなんだと思う?

という問いが投げかけられたのですが

この問いが素晴らしかったです!!

 

フェラーリを買いたいのは夢かな?志かな?

と聞かれた中学生は、

夢はあくまで個人の願望で

志はこの社会をどうしたいかという意志なのではないかと

たどたどしくも答えていました。

まさにその通りだと思います。

 

参加者の視点が自分たちだけの狭い範囲から

世界へと拡がったシフトの瞬間でした!

 

この違いについては

ソフトバンクの孫さんも2012年に新卒入社した若者へ語られています。

 

夢と志は違います。夢は漠然とした個人の願望であり、志は個々人の願望を超えて多くの人々の夢を叶えようとする気概です。夢はこころよい願望だが、志は厳しい未来への挑戦です。夢を持つなんて程度で終わらずに志を高く持たないといけない。

https://www.goodfind.jp/interviews/134

 

志を持って人々の夢を叶えようと進む行為

はもちろん困難が伴いますが、

夢と違うのは、

多くの人が志の成就に向けて協力してくれるということです。

 

だからぼくは、

多くの若者が夢という自分の枠内に留まることなく

志を高く持ってチャレンジして欲しいです!

 

そのほうが人生が豊かだし

結果的に自分の夢も叶うと思うんです。

スポンサーリンク

志の宣言!

志について学んだ中学生たちは、

最後に自分の想いを宣言しました。

 

みんながこぞって、

「私は____な社会にしたい! そのために私は_____に取り組む!」

 

という構文で発表できていてとても驚かされました!

 

どこかで聞きかじったような

耳障りのいい言葉ではなくって、

 

自分の心と深くつながり

内側から湧き出てきた言葉たちでした。

 

しかも私利私欲のためではなく

純粋にこの世の中をどうしていきたいか!

という視点からの発信です。

 

中学生でもここまでできるんだー!

と、発表を聞いていて感動的でした。

 

体験学習と、視点を高める問い、

そして自分の深堀りを補助するツールがうまく機能しあい

とても素敵な学びの空間になっていたと思います!

まとめ

この2日間はぼくにとっても、

素晴らしい問いと出会い

中学生とワークを展開する時の勘所が感じられ

見たことがないゲームを見ることができ

とてもいい体験をさせていただきました!

 

そして、ワークショップってやっぱり大きな影響を生むなぁ!と

ワークショップのパワーを再確認する時間になりました。

エネルギーが充電されました!!

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事