WAKUTOKIのメンバー
スポンサーリンク

場作り屋の相内です!

仙台を拠点にワークショップの企画運営や

ファシリテーション、コーチングなど、

人が前進するための場作りを行っています!

 

独立してから一年半

ずーっとひとりで活動してきたのですが

あいない
ひとりでやるって限界があるな・・・!
と早い段階からひしひしと感じていました。
(やる前から気づけよ)

 

ですが有難いことに素敵なご縁をいただきまして

NPOを立ち上げることに決めました!!

1人でワークショップを扱う辛さ

1人での活動は気ままで心地よい時も多いです。

時間も気にしなくていいし

クオリティも自分がこだわれるだけこだわれます。

(もちろん、手抜きもできます)

 

でも、相談する仲間も

代打をお願いできる仲間もいないわけで

ふと心細さを感じることも多々ありました。

 

誰でもいいから話しを聞いてもらいたい時

頭を貸してもらいたい時ってありますよね・・。

 

また、ワークショップを実施するまでには

  • 営業
  • 事前準備
  • 当日運営
  • レポート作成
  • 経費精算

と様々なタスクがあります。

1人でやっている以上マンパワーが限られているので

並行して扱える案件には上限があります。

ぼくは24時間は戦えません!(笑)

ワークショップの当日も

1人で準備や受付けを進めなければならないので

気の休まる時がありませんでした。

「If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together. 」

早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め

というアフリカのことわざがありますが

あいない

このままでは手の届く範囲までしか

ぼくのワークショップを提供することができない・・・

というぼくの危機感と閉塞感は相当でした。

スポンサーリンク

仲間と出会ったWSD!

それで悩んだ結果、

青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム

青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム

(WSD)を受講することに決めたのがこの春のことでした。

ぼくは既にワークショップで生計を立てていたので

なぜ初心者向けの講座に通うの?

と不思議に思われることも多かったのですが

ワークショップをやりたいと思っている仲間を探すのに

これほど打ってつけの機会はないと思ったんです!

なにせ同期が100人もいます。

100人がもっとワークショップを実施したい!

もっとワークショップを学びたい!

と集まって来る場所なんて日本で他にありません。

仙台から3ヶ月に渡り

ほぼ毎週末東京へ通うのは

体力的にも仕事的にも金銭的にも苦しかったのですが

その甲斐あって、

一緒にワークショップを実施しよう!

と誓いあえる仲間と出会うことができました。

(仲間との出会いのエピソードはnoteに書きました)

『全ての人生に、自分らしさを』をビジョンに掲げて

日本で最も守備範囲の広いワークショップ集団

を目指して行こうと考えています!
スポンサーリンク

めんどくささを楽しむ!

きのうの夜は団体のビジョンを決めるため

オンラインミーティングを4時間も開催しました。

通常の仕事感覚からすれば

あいない
こんなに時間をかけるのはどうなんだろう・・・?

と思いますが、

相互理解が深まりとても有意義な時間になりました!

 

正直に言うと、

お互いのことをよく知らないメンバーと

新しい団体を立ち上げるという行為は

(え?ちょっとオレら常識が違いすぎない??)

と感じることだらけで

めんどくさくてしょうがないです!!(笑)

 

でも、このめんどくささこそが

新しい団体を創って行く醍醐味かなと思うので

もうしばらくは合理性や効率を度外視して

めんどくささを味わおうと思います。

 

めんどくさいことを言い合える関係って

ちょっと素敵だと思うので!

 

昨夜のミーティングはnoteに書いてみました。

自分を持ち出すことからチームになる

 

これからどんな未来が待っているのか

今からとても楽しみです!

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事