場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は日常的に人前に立ってワークショップ研修のファシリテーターをしています。

少ないときは10人くらいから、多いときは100人くらいの参加者を前に場をリードしていますが、

どの規模においても「その場にいる参加者に何が起きているか」をつかみ、

参加者の状態に寄り添ってファシリテーションをすることが大切だと思っています。

 

意図的にワークショップの場を深めることができた時は、

体中がしびれるような、言葉にしがたい快感です!!

 

ファシリテーターをすることで精いっぱいという方や、

参加者に何が起きているかなんて分からないよという方もいらっしゃると思いますが、

慣れてくれば必ず場の流れをつかめるようになります。

 

今日はそんな方に向けて、

私が場の空気や質をつかむために心がけていることを紹介します。

 

機能するワークショップ研修が増えること、

ワークショップの進行にやり甲斐を感じる方が増えることを意図して!

 

なぜ場の空気や質をつかむことが大切なのか

そもそもですが、なぜワークショップのファシリテーターは場をつかむことが大切なのでしょう。

 

私は、ワークショップは生き物だと思っています。

当日は予め綿密な計画を立てて臨みますが、

参加者の様子によって実施内容をがらっと変えることもよくあります。

根底に、ワークショップは参加者みんなで創り上げたいという想いがあるためです。

 

参加者が自分を語り、お互いに刺激し合うからこそ、

ワークショップは深まっていきます。

 

そのためには場が安心安全であったり、快適であったり、

自由であったり、ワクワク感があったり、

真剣さがあったり、高揚感があったりなどなど、空間の質がとても重要です。

 

なので私は、今この空間にはどんな質が充満しているか、

ワークの目的を達成するために欠けている質はないか、

常にアンテナを立ててチェックをしていて、

 

すぐに処置しなければならない引っ掛かりが参加者の中に溜まっていないか、

このままの流れで進めていいか、

どのような声がけをするかを判断しています。

 

場の空気や質をつかむためのチェックポイント

では、私が場の空気や質をつかむために参考にしているポイントをご紹介していきます!

 

姿勢や表情

参加者の姿勢や表情はたくさんのことを教えてくれます!

背筋がピンとしている方が多いタイミングもあれば、

眠気や疲れなどで椅子にもたれかかっている方が多いタイミングもあります。

 

疲れているんだけど、充実感に満ちた表情を浮かべている方もいます。

みんながワイワイやっているのに、寂しそうな顔や、自信なさげな顔をしている方も。

 

それらひとつひとつをじっくり観察したり、

どんな顔をしている方がどれくらいいるか、割合を見てみると、

場に何が起こっているのかをつかむ糸口になりますよ!

反応

参加者の反応は、とてもダイレクトにその場の様子を運んで来てくれます。

例えば深く考え込んで欲しいワークで、ぱっと反射的に行動する方がいると、

あれ?何かおかしいな。と感じることがあります。

そのまま続けたら、到達して欲しい深さまで達しないかもしれません。

 

反対に、間が空くという反応もいいヒントです。

上記のような深く考えて欲しいタイミングであれば、

思考を重ねるのに夢中になっていて手が止まるのは問題ありませんよね!

でも、すごく簡単なワークと単純な指示にも関わらず間が空いたら?

その場全体が疲れていたり、

ワークがどうつながっていくのか、先が見えず嫌になっているのかもしれません。

 

主催者やファシリテーターへの怒りが溜まっていて、

指示は聞こえているけどオレたちはもうやりたくないよ、

というメッセージを暗に伝えていることもあります。

ワークの成果

ワークの成果も、場の状況を明確に伝えてくれます。

予想をはるかに超えるアウトプットに小躍りしたくなる時もあれば、

え・・・・?どうしよう・・・。と途方に暮れそうになる気持ちをぐっとこらえることも。

 

ワークが段階的に進んで行く場合は、

ひとつのステップが十分に深まっていないと、

その後のワークがなし崩し的に機能しなくなることがしばしばあります。

ファシリテーターにはそうならないよう適切な処置をしていくことが求められますので、

意図に叶ったアウトプットが出されているかにアンテナを立てることがとても大切です。

 

私は場合によっては次の段階のワークに進まず、

問いや手法を変えて、同じレベルのワークを続けることがあります。

 

時間は限られているので焦りはしますが・・・、

深まっていないものを無理やり次に進めても、いい成果が生まれません。

 

しかし逆に、出ているアウトプットはいまいちでも先に進んで問題ないときも多々あります。

このあたりの判断は感覚に委ねています。

運営者からの情報共有

私は参加者の様子もさることながら、運営者の様子も常に観察しています。

参加者でもなく、ファシリテーターでもない立場からだからこそ、

見えることや感じられることがあるためです。

 

リラックスして笑っているのか、

意図したとおりの展開に高揚しているのか、

何かに驚いて顔を強張らせているのか、

ワークの進行がいまいちで戸惑っているのか、

運営者の挙動は情報の宝庫ですよ!

 

また、私は一緒に運営する方に、

参加者の様子をよく観察し、どんな状況かを教えてくださるようにお願いしています。

そして、流れやワークの修正が必要と感じたら、いつでも持ち出してください!と伝えています。

 

ファシリテーターが一人で進行するのではなく、

場にいる皆の力や感性を存分に生かしながら臨むことで、よりパワフルになれます!

 

特定の参加者をベンチマーク

参加者が100人くらいになってくると、全員の心の中を推し量るのは困難になります。

そういう場でおススメしたいのが、参加者を何人かベンチマークしておくことです。

そして途中途中で、その方々がどんな様子かを観察するんです。

 

私はタイプが違う方を4~5人選ぶことが多いです。

男性と女性、

盛り上げ役の方や、黙々と作業に取り組まれる方、

自信がありそうな方や、なさそうな方、

リーダー気質の方や、フォロワー気質の方などがポイントです。

 

これを行うと、

参加者がどのように変化していっているかを部分的にでもつかむことができるので、

他の参加者にも同様のことが起こっているのではないかと推測できます。

 

それだけで、ぐっと、場で何が起こっているかを的確に理解できるようになりますよ!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

私はワークショップ研修のファシリテーターを始めたころは、

準備した通りにワークを進めることで精一杯でした。

 

場をつかむ?

場の質を意図的に創る?

そんなことが考えられるようになったのも、

できるようになったのもこの数年のことです。

 

これらは誰かに教わったわけではありません。

自分がリードしたり、誰かのファシリテーションを間近で見たり、

コミュニケーションについて学びを深めたりしながら身に付けていきました。

やはり技能の向上にあたっては、場数を踏んで探究するという側面も重要です。

 

ただ、ワークショップのファシリテーターって、

そもそも機会があまり開かれていませんし、

教えてくださる方が身近にいないことのほうが普通でしょうし、

敷居が高いと思われている方も多いのではないかと思います。

 

それが故にそもそも挑戦するのを躊躇うとか、

ある程度で上達を諦めてしまう方がいるとしたら、それはとても勿体ないと思うんです。

私は素敵なワークショップ研修が増えたら、

日本がもっとワクワクする国になると本気で思っているので!

 

この記事が、ワークショップのファシリテーションを向上させたい方の参考になれば幸いです。

おススメの書籍

以下は、ワークショップの企画運営を上達したい方へおススメの書籍です。

勉強してみたい!という方はぜひご参考にしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です