LEGO®SERIOUS PLAY®️
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です!

 

ぼくが扱えるワークショップの可能性を拡げるため

LEGO®️SERIOUS PLAY®️

メソッドと教材を活用したワークショップ

のファシリテータ養成研修に参加してきました!

 

4日連続の研修でクタクタでしたが

ものすごく充実感のある学びの場でした!

LEGO®SERIOUS PLAY®️ DUCk

LEGO®SERIOUS PLAY®️との出会い

研修の受講を決めたのは今年の5月。

たまたまSDGsのカードゲーム

をプレイする機会があったことで

ぼくもメソッドや背景理論がしっかりしている

ワークショップを扱えるようになりたい!

と思ったのがきっかけでした。

 

ぼくの希望に最も合致する資格は何か?

ゴールデンウイーク中に検索しまくって

ゼッタイこれ!と思ったのが

LEGO®SERIOUS PLAY®️

 

様々なワークショップを設計できる幅があること

手を信じて作るという思想に共感したこと

なにより子どもの頃にたくさん遊んだ

LEGOでワークショップができたら嬉しいこと

が決め手でした!

 

大人気の講座なので

申し込み開始から数分で枠が埋まってしまうため

解禁日はパソコンの前に陣取り

入力情報をコピペできるよう準備し、

ものすごい速さでエントリーしたのが5月末。

 

それからというもの

早く受講したいなという興奮と

高いお金を投資してツマラナカッタらどうしよう

という不安が入り混じりながら過ごしていましたが

半年を経て、無事に受講に至ることができました!

スポンサーリンク

LEGO®SERIOUS PLAY®️での驚きと期待!

LEGO®SERIOUS PLAY®️は

想像を遥かに超えた深いワークショップでした。

 

特に、

2日間をかけて実施したシナリオプランニングでは

目のまで起こるさまざまな変化に心が揺れて

まさかLEGO®でこんなに胸が苦しくなるとは・・・!

と驚きが止まりませんでした。

LEGO®SERIOUS PLAY®️ シナリオプランニング

こういう効果を作れるワークショップは

ぼくのレパートリーには全くありません。

扱えるワークショップの幅が

グッと広がりました。

 

まずそもそもの大前提として

頭を通さずに作品をつくり

出来上がった作品を介して思考する

というプロセスが最高です!

頭は平気でうそをつくので。

 

今は早く色々試してみたくて

LEGO®のセットをいくつか購入!

年内にはワークショップを開催してみようと思います。

 

LEGO®SERIOUS PLAY®️を通じて

たくさんの組織や個人にパラダイムシフトを作れるよう

メソッドをしっかりマスターしたい!

これからが楽しみです。

 

LEGO®SERIOUS PLAY®️

を体験したい方がいらしたら

ぜひお声がけください!

LEGO®SERIOUS PLAY®️

人生を自分らしく!

相内 洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事