世界を拡げるために読んだ本~コーチング・コミュニケーション編~

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は仕事力を高めるために、本を年間100冊読もうと決め、3年続けて100冊を達成しました!

(詳細はこちらの記事でご覧ください!)

 

中でも、しっかりコーチングとコミュニケーションを学ぶと決めてCTNに通って以降は、

格段に良著と出会えるようになった自覚があります。

 

小手先の変化ではなく、じっくりと長期的な変容につながりうる、

本質的な教えが詰まった本をたくさん読めたことは、確実に今の自分に繋がっています。

 

さて、今日はコーチングとコミュニケーションの分野の本をご紹介します。

どの本も、コーチングのやり方が書いてあるわけではありません。

 

人の行動を止めるブレーキのありかや、

どうやって突破的な結果を出すためのアクセルを踏むかや、

相手との機能するコミュニケーションとはどのようにして行われるのかなどが書いてあります!

専門知識の習得に加えて、読み物としても楽しめるものばかりですよ!

 

こころの対話 25のルール

ディスカヴァー21社や、コーチ・エィ社を創られた伊藤守さんの著書です。

本書では相手の存在を聴き切ることの重要さを説いています。

ちなみにあなたは、誰かにしっかりと聴き切ってもらった経験はありますか??

私はコーチングを学び始めてから出会った何人ものコーチにそうしてもらいました。

誰かに、自分の存在を聴き切ってもらうって、涙が出てくるくらい嬉しいんですよ。

相手を聴くことこそ、相手の中にある勇気や、前進する意欲を引き出します。

多くの日本人って、自分が話すことが、相手を力づけると思ってるでしょ?

真逆です。

だから私はこの本を、全ての日本人に読んで欲しいと思っています!

部下をお持ちの方には特におススメの1冊です。

 

私のワークショップや場作りにも、大きく影響を与えてくれました!

プロコーチのエンパワーメントコミュニケーションの技術 必ず結果を生み出すコミュニケーションのスキル

上記で「相手を力づける」ということについて触れたので、こちらもご紹介です!

私の師匠である岸英光さんの著書です。

コミュニケーションの本質や、

コミュニケーションでどれだけのものが創り出せるかが、余すことなく書かれています。

きっとコミュニケーションの定義やセオリーが揺さぶられますよ。

こころの対話25のルールとセットでどうぞ!

そしてここに書かれていることをしっかり体得したい方は、ぜひCTNの連続講座へ!

 

 

動きたくて眠れなくなる やりたくないを科学する

この本を初めて読んだ時は楽しすぎて眠れなくなりました(笑)

人が行動にブレーキをかけるポイントを29個の感情にまとめてくださっていて、

それらとうまくお付き合いしながら前進を創り出す考え方を教えてくれます!

ワークショップの要素としてもすごく重宝している1冊です!

これもすごくおススメ!

 

未来記憶 イメージする力が結果を呼び込む

せっかくなので『動きたくて眠れなくなる』に続いて池田貴将さんの本を!

こちらは、感情は感情でも、過去、現在、未来という時間軸ごとの感情に焦点を当てた1冊です。

多くの人は、行動が変われば感情が変わると考えているかと思いますが、

池田さんは明確に「感情が変わるから行動も変わる」と説いておられます!

タイトルも『未来記憶』です!未来の記憶ってなんだ??と思いますよね。

ぜひ読んで確かめてみてください!

 

もしもウサギにコーチがいたら 「視点」を変える53の方法

再び伊藤守さんの著書です。

コーチングとは何かがとても分かりやすく書かれている本なので、

コーチングについて詳しく知りたいと思った方が最初に手に取るといいかもしれません!

カワイイ外見で、ちょっと生意気なウサギさんが各所でいい味を出していますよー!

 

 

ほめない子育てで子どもは伸びる

師匠、岸英光コーチの著書です!

岸さんはずっと、人はほめるから伸びなくなるし、

いじめが増えている原因のひとつはほめているからだ!と仰っています。

初めて聞いた時はその理由がぜんぜん分かりませんでしたが、

ほめることでどれだけの損失が生まれるかを知った今は、怖くて安易にほめなくなりました。

じゃあ、どうするの!?認めるんです。

子どもや部下を育てているあなた、ぜひ一度この本を読んで、自分の行いをチェックしてみてください。

あなたが良かれと思ってやっていることが、実はとんでもない損失を生んでいるかもしれませんよ!

 

 

「不安」なままでうまくいく!悩んでばかりの自分から抜け出す方法

師匠、岸英光コーチの著書です!

きっと多くの人は、不安を感じている=動けない と思っていますよね!

そして更に、不安を無くさない限りは、動けない状態が続くと思っています。

でも本当は、不安なままでいいんです。

不安との上手な付き合い方や、不安がくれるメッセージなど、

この本で『不安』に関しての新しい世界を開いてみてはいかがでしょう!

あなたの軽やかな前進を願って。

 

子どもを伸ばす共育コーチング 子どもの本音と行動を引き出すコミュニケーション術

私が通っているCTNでの受講を完了された、石川尚子さんの著書です。

ビジネスコーチだった石川さんが、ひょんなことから高校で就職カウンセリングを行うことになり、

高校でのリアルな様子を綴られています。

就職へ向かう高校生の言動や葛藤に対してどのようにコーチングを活用したのか、

ポイントはなんだったのかを丁寧に説明してくださっている1冊です。

コーチはビジネス領域だけではなくって、

教育の世界にこそ親和性が高いと思っている私にとってすごく刺激的な1冊でしたし、

私も若者にこういう関わりをさせていただき機会が欲しいなと感じました!

 

 

未処理の感情に気づけば、問題の8割は解決する

未処理の感情はありますか??

と聞かれても、普通に暮らしている方にはぴんと来ないかもしれません。

ですがあなたの行動の多くを未処理の感情が支配していて、

そのことによって辛いループにはまっていたとしたら。

自分が知らず知らずのうちに操られているなんて怖いし、勿体ないと思いませんか。

本書には感情の構造を知るためのワークが適度に配置されているので、

そこに感じたことを記入していくと、あなたが処理できていない世界が見えてくるかもしれません。

それに気づくだけで、あなたがあなたでいられる時間がぐっと増えて、

これまでと全然違った結果が出るはずですよ!

 

ディスカヴァー21の本たち

ここからは、伊藤さんの小冊子をご紹介します。

どの本も通常の本の半分くらいのCDサイズで、50ページ程度なのですが、

各ページに一言ずつ、本のテーマに沿ったヒントや問いかけが書いてあります。

それが本当に心に染みたり、現実に違いを創る視点をくれたり、涙が出てきたり・・・。

小っちゃくてもでっかい存在感と暖かさに満ちた本たちです。

すっごく気軽に読めるので、ぜひ手に取ってみて欲しいです!

このシリーズも私のワークショップにとてもいいインスピレーションを与えてくれています。

 

『いまここから始めよう』

 

『いまのあなたを楽しみなさい』

 

『だいじょうぶ たいしたことないから』

 

『この気持ち伝えたい』

 

『恋の法則100』

 

『ご機嫌の法則100』

 

『コミュニケーションの法則100』

 

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です