ワークショップを簡単に作るためのフロー!

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私はワークショップについての質問をよく受けますが、

中でも多いのが、

「ワークショップってどうやって作るんですか!?」

というご質問です!

 

今日は私がふだんどんなフローでワークショップを設計しているかお伝えします!

 

実施の目的を明確にする

まず一番初めに行うことが目的の整理です。

ワークショップは全体を貫く軸が無いとしばしば崩壊します。

もしくは、楽しかったーー!で終わってしまうので、

このワークショップは何のために開催するのかをしっかり定める必要があります。

 

ちょうど先日、

なかなか自分のアイディアを実行できない若者に向けてワークショップをして欲しい

というオーダーをいただいたのですが、

このままだと何をすべきなのかが曖昧です!

 

状況を詳しく聞いてみると、

そもそもアイディアを出すのが得意ではない若者が多い、という課題が見えてきました。

加えて、アイディアを出せたとしても、その先につなげる整理の仕方が分からないようです。

 

そこで今回は、

・正解にとらわれず楽しくたくさんのアイディアを出す方法を体験する

・アイディアをフレームワークにあてはめ行動につながる形で整理する

・上記2つを通じて、あ、なんだか行動してみたい!という気持ちの変容を起こす

ということを実施目的として掲げることにしました!

 

ここをふわっと片付けてしまうといろいろな意図が混じってワークが脱線したり、

参加者に受けそうなワークを基準に選んで上滑りしたりして、

なんのためにやったんだっけ?という結果になってしまいます。

 

ぜひじっくり時間をかけて、これならいいね!

と感じられる目的やコンセプトを定めてください!

 

ゴール到達までのステップを設計する!

次に行うのが、ステップの設計です。

どういう手順を踏めばゴールに到達できるのかを考えます。

 

例えば、

正解にとらわれず楽しくたくさんのアイディアを出す方法を体験する

であれば、私はこんな手順が浮かびました。

 

①背景・共感づくり

②現状認識

③動機付け

④実践

⑤振り返り

 

①~③の順番はどれが先でもいいかも!

 

 

ステップに沿って導入やワークを配置する

次はこのステップに沿って、導入やワークを配置していきます。

今回私は、こんな内容で考えてみました。

 

①背景・共感づくり

・私がアイディアを出せなくて苦労した過去のシェア

 

②現状認識

・いま自分はどんな方法でアイディアを出しているかをグループで共有

 

③動機付け

・私がアイディアをぽんぽん出せるようになった転機と、アイディアを出せる楽しみをシェア

・アイディアを生み出す手法の紹介

 

④実践

・アイディアを出す手法を1~2個使って実際にアイディアを考えてみる

 

⑤振り返り

・気づきやこれまでとの違い、手ごたえなどをチームメンバーとシェア

 

もちろん、アイディアを出す手法をたくさん試して終わる!

などもいいんですけれど、

 

個人的には、

・いまなぜこのワークに取り組むのか(背景・動機)

・自分はいまどんな状態か(現状認識)

・ワークを通じてみんなは何を感じ、何に気づいたか(触発)

 

などを感じられる点を設計することで、

より前向きにワークに取り組んでくれたり、学びが深まると考えています!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

個人的な感覚としては、

ゴールを定めた後にすぐワークを当てはめている方が多いと思いますが、

ぜひその前に、どんなステップを踏むとゴールに到達できるかを想像してみてください!

 

それだけでワークショップの質はグッと上がるし、再現性も向上しますよ!

ちなみに私は、昔すごーくアイディアを出すのが苦手だったのですが、

アイディアが溢れてくる体質になりたい方は必読の1冊!に詳しく書かせていただきましたが、

アイディアを出すことに苦手意識がある方はご一読をおススメします!!

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す!~おすすめのアイスブレイク~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です