コロナに閉ざされ見つけた画面の中のイーハトーブ

吉田松陰が残した和歌に「何事もならぬといふはなきものを ならぬといふは なさぬなりけり」という作品がある。ざっくり訳せば「どんなこともできないことはないですよ。できないのはやらないからですよ」という意味だ。さすが黒船に乗り込み密航しようとした偉人である。気合が違う。

 

私などは全く対照的で、コロナでリモートワークに支配されて以来、毎日よろずのことに気を奪われてきた。お昼を食べれば眠くなり、コロナの感染者が発表されれば心がざわつく。石原さとみはカワイイし、綾野剛の演技力には目が点だ。YouTubeは沼。Twitterもしかり。冷蔵庫のビール、ぐびっとやりたい。

 

ただでさえ1日に何百通とメッセージが来て、集中のカーソルは慌ただしく揺さぶられる。にも関わらず、家での仕事には誘惑が多すぎる。できないのはやらないからですよなどと大上段から言われても……、困る。松蔭先生、江戸時代にはスマフォもパソコンもなかったでしょう? 刺激だらけの現代で同じことが言えますか!?

 

この記事は、こんな雑念だらけの私がすごいリモートワークのシステムと出会ってしまったことについて書いた。集中力散漫と定評がある私でさえ、その空間では雑念が消え、外界からの刺激が気にならなくなり、時間があっという間にすぎる。もちろん、狂っているかのごとく仕事が進む。おかげで3時間も働くとやることがなくなるくらいだ。嘘ではない。

 

私たちはこのシステムを『WiLL Office』と名付けた。Zoomをつなぐだけで実施でき、気合は一切不要である。きっかけはHofficeというスウェーデンのサービスを知ったことだった。

 

Hofficeはノマドワーカーに働く場所を提供するシステムで、2015年ころから始まったらしい。Airbnbのように自宅を開放し、働き場所を探している人々を招き入れる。ユーザー側はサイトを使って利用申請をし、コーヒーや茶菓子などを持ち寄れば参加が可能だ。金銭の授受は必要ない。

 

なぜHofficeが成り立っているのか、初めて聞いた時はピンとこなかった。自宅を提供する側にはあまり得がなさそうだし、ユーザー側もカフェや自宅で十分ではないかと思ったからだ。人脈を作ることが目的なのかとも思ったが、期待に見合わなそうだ。

 

Hofficeの基本ルールはざっとこういうことらしい。

  • 10人以下での実施を推奨する
  • 45分間作業をする。15分間休憩する。これを繰り返す
  • 作業前に目標を宣言する。作業時間が終わったら進捗を報告する

    サイトにはHofficeの狙いが書かれていた。

     

    私たちは、最も重要なことに焦点を合わせ、これに系統的かつ集中的に取り組むために、お互いをサポートします。私たちは自分自身とお互いに、自分たちの最適な作業プロセスと自分自身について継続的に学ぶ可能性を与えます。また、私たちは、仕事中に落ち着いて、幸せで、刺激を受け、創造的に感じるために必要なものを私たちとお互いに提供するようにしています。http://hoffice.nu/en/what-is-hoffice/

     

    ここまで調べて合点がいった。Hofficeは場所貸しをしているんじゃない。相互に前進するためのプロセスを提供しているんだ! だから人が集まるんだ!

     

    目標の宣言と制限時間が人をフロー状態へと導く。作業の報告に寄せられる他者からの称賛が幸福感情を生む。そのサイクルが循環する。よくできている仕組みだと思った。ワクワクして早速試してみたくなった。

     

    しかしコロナ禍である。リアルに会うのは……。選択肢はオンラインしかない。機能するだろうか? 45分間黙々と作業をしている人々が画面に映り続けるのはただただシュールだ。本場のHofficeと違って、何も生まれないかもしれない。でもやってみたいと思った。委託をいただいている(株)Palletのメンバーとも仲を深めたかったからだ。

     

    そこで初めてオンラインHofficeを試みたのが1月6日。Palletのメンバーに声をかけたところ、2人の仲間が誘いに乗ってくれた。以来、私の世界は激変した。

     

    「ホフィス初体験! なんてクリアーで集中した時間を過ごせることか! これはやらない手はない!」

     

    一行日記には興奮の文字が踊った。

     

    「2,000人が陽性でもホフィスをしていると少しも気にならなかった」

     

    翌7日の日記はこんな書き出しから始まっている。

     

    宣言したアウトプットを時間内で完成させるためには、余計なことに煩わされていてはいけない。次々とポップアップされるメッセンジャーの連絡も、Yahoo!ニュースの通知も全てスルーした。ゴールを目指し、タスクにただ向き合う。まるでゲームをしているような感覚だった。

     

    気づくと宣言した仕事は想定よりも大幅に早く仕上がっていた。そして全く疲労感がなかった。人は仕事をするから疲れるのではない。あちこちに集中のカーソルを合わせ過ぎて思考が混雑するために疲れるのだと学んだ。

     

    同様の事象は私以外の仲間にも起こっていた。みな一様に集中力が増し、溜まっていた仕事が次々に離れていった。「45分作業したはずなのに、5分くらいしか経ってない気がする!」誰かが嬉々として声をあげた。みんなが深くうなずいた。

     

    実際には6時間働いていても、感覚的には30分程度に感じられる日々が続くうち、私たちはオンラインHofficeに名前をつけたくなった。Hofficeの肝である作業前の宣言と、Palletで扱っているサービス名にちなんで『WiLL Office』と名付けた。ますます愛着が湧いた。

     

    WiLL Officeの効果は、生産性の向上のみに留まらなかった。会話の総量が増えたことによって、お互いの生活様式や価値基準、何に心を傷めているかなどがよくわかるようになった。壁がどんどん透明になった。

     

    直接のコミュニケーションが断たれた中で、お互いのことがよく見えるようになり、心の結びつきが強くなるとは望外だった。大袈裟かもしれないけれど、WiLL Officeで触れ合っている仲間の未来はずっと応援していきたいと思うようになった。誰かとつながっている感覚は幸福感を高める。だから私はいま、コロナが蔓延して以来最も幸せだ。

     

    禍転じて福となる、ということわざがある。ワークショップデザイナーという対話の場づくりをしている私にとって、コロナはとんでもない脅威だった。歓迎できる要素などない。だが、過去に戻ることはできない以上、現在の状況から収穫できること、未来に向けて違いを作れることを探そう。

     

    そうして偶然出会ったWiLL Officeは、思いも寄らぬ理想郷だった。仕事は進み、みんなとつながり、幸せを感じる。宮沢賢治は心象世界にある理想郷のことをイーハトーブという造語で表現してきたが、私にとってみれば、私のイーハトーブが突然現実になったようなものだった。

     

    勤めを始めて12年が経つ。その間ずっと、お互いのことを心から応援しあえる職場があればいいのにと思ってきた。それも日本中に。ごくごく当たり前に。

     

    そんなの無理だよ。

     

    誰に言われるまでもなく、ハードルは高いと思う。でも今、WiLL Officeのシステムでなら、世の中の職場に少しだけ違いを作れるのではないかと感じている。

     

    嫌いな人を応援できるわけがない。私はずっとそう思ってきた。でも、好きだから応援するのではなく、応援するから好きになるんだとわかった。そのためのシステムも見つけた。だからちょっとだけ自信が湧いた。できるかどうかは分からないけれど、これから関わる組織の一つ一つに、エッセンスを届けたいと思った。

     

    WiLL Officeの実践方法と、このシステムが機能する理由については、今後それぞれに記事を書いてみようと思う。せっかくだから、後の2作も東北を代表する作家宮沢賢治にあやかって『注文の少ないリモートワーク』『誘惑ニモマケズ 寂シサニモマケズ』というタイトルにしようかと考えている。

    相内 洋輔

    contact_txt
    コメントを残す

    CAPTCHA


    Twitterでフォローしよう