ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

先日私のワークショップに参加してくださった方から、

「相内さんはワークショップでファシリテーターを務める際、何を大切にしていますか?」

と質問されました。

 

この問いにぱっと浮かんで来たのが、

場で起こっていることからワークの進行を考えること!

という答えでした。

 

場の状況に沿ったリードが成果につながる!

私の場合はワークショップを設計していると、

まだ出会ったことのない参加者が、

ぱっと開いていく光景がありありと浮かんできます!

これがなんとも楽しいのです。

そのため、当日はつい予定通りにワークを進行したくなるのですが、場は生もの!

 

ワークの設計がうまく機能する時もあれば、

思っていたよりも・・・という時もあります。

ワークショップのファシリテーターはそうした参加者の状況を見極めて、

適切にワークの時間や内容を調整していくことがとても大切だと思っています。

 

私の経験上、場の様子を無視して、ワークを予定通りに実施することに固執しても、

あまりいい成果は得られません。

(かなり顕著にアンケート結果に反映されます・・・。時には辛辣なコメントも・・・)

 

そのため、

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

の記事でも書いたように、様々な角度から「今この場に起こっていること」を探る姿勢が重要です。

 

予定外のことを行うことへの抵抗感

とはいえ、用意してきたワークを突然変更するには勇気が要りますよね。

自分一人で運営している場や、

ワークの時間を少し長くする / 短くするといった具合ならまだ楽ですが、

何度もMtgを重ねて一緒に構想を練ってきた仲間がいる場合や、

予定していたワークを丸ごと変更する時などは特に抵抗感が湧いてきます。

 

だから私は、最終的には自分の感覚、違和感などを優先することに決めています。

決めておけば、迷うことはありません。

 

そして私にとっては、

少しズレているかもしれないと不安に思うワークを続けて後悔するより、

途中で修正したけれどうまく機能しなかったなぁという後悔のほうが、断然軽いのです。

 

私はこうした背景から、

複数人で場作りをしている場合は、

場の状況に合わせて瞬時に予定を変更する可能性があることを事前にメンバーへ伝え、

承諾を取っておきます。

 

そうすることでお互い安心して運営ができますし、

私が思い切った判断をする際にも躊躇いや混乱が減ります!

 

予定変更の判断軸

私がワークの予定を変更する時は、

このまま続けても目的に達しないと判断した時です。

 

例えば参加者が深く考えこんでいて、なかなか場に意見が出ていない時などは分かりやすいですよね。

そのまま次のワークへ進んでも、土台となるものがなければ機能しません。

 

こうした時には、ワークの時間を伸ばして議論を続けてもらうこともあれば、

問いそのものを変えることもあります。

アイディア出しの手法を追加して、場を軽くすることが奏功する時もあります。

 

また、意見は出ているけれど、どれも表層的な浅い考えで終わっているということも起こりがちです。

こうした時には時間いっぱいまでワークを続けず、

早めに次のワークへ移行してしまってアイディアの深さを探究するようお伝えすることもあります。

 

予定になかったワークをひとつ挟んで、

いま出ている意見を深めてから次に進むというやり方もあり得ます。

 

いずれにしてもポイントとなるのは、

どうやったら適切にワークショップのゴールへ向かえるかを、常に意識しておくことです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プログラム通りに進めなければ!と力めば力むほど、

実際には参加者の気持ちが場から離れていって、

最悪の場合はワークショップそのものが崩壊することもあります。

 

一方、場をコントロールしようとか、

思っている通りに人を動かそうという気持ちを手放して、

場から起こってくることに身を委ねてみると、驚くほど軽やかに場が開いて行きます。

その心地よさは、言葉で形容するのが難しいほどです!

 

ぜひ、あなたも力まずに、その場の流れに乗ってみてください。

きっとすごい結果が生まれますよ!

おススメの書籍

以下は、ワークショップの企画運営を上達したい方へおススメの書籍です。
勉強してみたい!という方はぜひご参考にしてください。

 

 

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です