あなたの住む町が10年後、世界中から羨まれる町になっているとしたら?

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

今日は来春のワークショップに向けて仲間と作戦会議!

抽象概念と具体的事象の狭間を行ったり来たり、

とても知的好奇心が満たされる議論でした。

議論のお作法を知っていて、哲学をしていて

抽象的な対話から同じ世界を想起できる仲間とのアイディア出しは最高に面白いっ! 

来春の本番が一気に楽しみになりました。

扱うテーマは自治体の未来についてです!

 

もし10年後、世界中があなたの町を羨やんでいるとしたら?

今回は自分たちが住んでいる町や県が、

10年後に世界中から羨まれているとしたら、

この10年の間にどんなことが起こり、何が変化しましたか?

という問いを参加者に探究してもらう合宿を検討しています!

 

お気づきの方も多いと思いますが、

この問いのポイントは、

未来の我が町は世界中から羨望の眼差しで見られている!

と先に決めてしまっていることです。

 

その状態からバックキャストで10年間を想像してみると、

既存のパラダイム外から面白いアイディアが湧いたり、

参加者の心が大きく揺さぶられたりすることが多々あるんです!

 

あなたの町が10年後に世界中で羨ましがられるために、今から何をしますか?

というフォアキャストの問いは、

議論はしやすくまとまりが良い反面、

あまり奇想天外なアイディアは生まれず、

人の心に火をつけることもありません。

世界が羨む東北の10年後

ブレストの一部

 

 

予定調和を超える仕掛け!

今回は問いのパワフルさに加えて、

予定調和的なアイディアで終わらない仕掛けを設けようと思っています!

 

まず参加者にはいくつかのテーマに別れて、

世界から羨まれている我が町だとしたら、

きっと●●●なことが起こり、

☆☆☆な状態になっているはずだ!

 

ということを考えてもらいます。

 

テーマは例えば、

エコノミー

モビリティ

ヘルスケア

エデュケーション

などです。

 

これらが各チームで十分に煮詰まったタイミングで、

他のチームと強制的に合体してしまうということを試してみようと思っているのです。

そうすると

エコノミー×ヘルスケア

ヘルスケア×モビリティ

モビリティ×エデュケーション

のようなチームが生まれます。

 

各テーマを掛け合わせた時にどんな化学変化が起こるか!

運営サイドも全く想像ができません。

そもそもうまくまとまるのかも予想しづらいです。

でも、だからこそ面白いなーーーと思っています!

ワークショップデザイナー冥利に尽きると言うか、

ファシリテーターの醍醐味と言うか!

 

逆に言えば、

結果が分かってる場作りなんてやっててワクワクしませんし、

そんな仕事なら私がお受けする必要ないと思ってるんですよねっ。

 

さて、

ここからどんなワークが生まれ、

どんなことが本番で起こるか、

今からすごく楽しみです!

 

詳細はまた別途記事を書いてご報告させていただきます!

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

ワークショップを簡単に作るためのフロー

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す!~おすすめのアイスブレイク~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です