参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は自分がワークショップを運営する際は、

ほぼ必ず投影資料を作成します!

 

私の指示が分かりにくかったり、

参加者が指示を聞き漏らしてしまったりした時に、

投影資料があれば混乱が少なくて済む!

 

というメリットもあるのですが、それより何より、

かっこいいスライドや美しいスライドが表示されているとテンションが上がるからです!!!

つまり、人の心が動くからです!

 

ワークショップを実施する意図

 

今日はそんなスライドを作るコツをご紹介します!

 

1スライド1メッセージを心がける!

これはソフトバンク時代にひたすら言われ続けたことなんですけど、

1枚のスライドには、1つのメッセージだけを掲載しなさい!と教わりました。

 

例えば講演の時に使っているこのスライド。

これは高校時代のエピソードを端的に表すワードを抽出して、

コピーを一つだけに絞っていますが、

実際にプレゼンする時はこのスライドだけで3~5分、エピソードを語っています。

磐梯 講演資料2

 

1つのスライドに文字がごちゃごちゃ入っていると、

見ている方の脳がとても混乱してしまい、

知らず知らずのうちにものすごいストレスが発生してしまいます。

 

だから、なるべく1スライドに1メッセージです!

特に、ワークの指示は端的に、明確に、分かりやすく書きましょう!

ワークショップの投影資料

 

フォントや余白を統一し美しい見た目にする!

スライドの中に複数のフォントが混在していると、

上記と同様に見ている側のストレスにつながります。

これはワークショップのスライド、というより、スライド作成の基本です。

よほどのことが無い限り、全編同じフォントで統一しましょう。

ちなみに私はメイリオ一択です!

 

また同様に、

図形と図形の並びに規則性がなくガタガタになっていたりするスライドや、

文章の書き出し位置がずれて凸凹しているスライドなども同様です。

美しい見た目になるようこだわってください!

 

投影資料 規則性

このスライドの左側は、表を組んで罫線を消すことで均等な幅にしています。もちろん、図形の配置機能でもできますが。

 

私個人の意見ですが、

こういう細かなところにこだわるのが辛ければ、

無理してワークショップで投影資料を使う必要はないかもしれません。

損失を生むばかりなので・・・!

 

統一されたルールで、美しく、規則正しく作成されているスライドこそ至高です!!

 

 

効果的な写真を選ぶ!

ワークショップの投影資料を作る上で、

私は写真やイラストをとても大切にしています!

写真やイラストによって、相手に抱いて欲しい感情や感覚を調整できるからです。

 

例えばワクワクを作りたい時、

投影資料 ワクワク

 

じっくり内省して欲しい時、

投影資料 内省投影資料 内省

 

行動を喚起する時、

投影資料 行動喚起 投影資料 行動喚起

 

失敗を伝える時、

アイディアの出し方

 

完了を作る時、

投影資料 チェックアウト

 

などなど意図によって写真を選び、全画面に投影するか、一部だけに配置するか等を考えます!

 

ちなみに私はphoto ACという写真サイトに登録していて、

ここから写真をダウンロードしています!

 

各写真のクリエイターさんは異なりますが、

サイトを通じてダウンロード可能な写真に統一感があるため、すごく重宝しています!

ちなみに、私がスライド作成で一番時間がかかってしまうのが、この写真選びです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!

スライドがバッチリ決まると、私は早く参加者に見せたくってワクワクしてきます。

そのワクワクを持って当日の場に立つと、すごく力が湧いてくるんですよね~!

 

ぜひあなたも、素敵で見やすい投影資料を作ってリードしてみてください。

ファシリテーターとしてのリードと、

投影資料が持つ力を最大限にかけ合わせると、

ワークショップはもっともっとパワフルな空間になりますよ!

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

ワークショップを簡単に作るためのフロー

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す~おすすめのアイスブレイク~

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です