世界を拡げるために読んだ本~エッセイ・新書・文庫編~

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は仕事力を高めるために、本を年間100冊読もうと決め、3年続けて100冊を達成しました!

(詳細はこちらの記事でご覧ください!)

 

ただ、最初はなかなか素敵な本に巡り合えず苦戦したんです。

そこで、自分の世界を拡げたいけれど、何から読んでいいか分からない!

と思っている方の参考になればと思って、

私が読んだ中でおススメの本をまとめることにしました!

今日はエッセイ・新書・文庫編をお届けします!

 

仕事が出来なかった頃を振り返ると、

私は、エッセイなどはちっとも読んでいませんでした。

売れる営業マンになるための本や、

意識を高くするためのいわゆる自己啓発書ばかりを選んでいたのです。

 

結果、どうだったと思います??

ほぼ何の役にも立ちませんでした(笑)

短期的に、付け焼刃の知識を得ようとしても、大きな変化にはつながらないんですよね。

 

自分の知の領域や、人間としての厚みを増していくためには、

私はエッセイなどを通じて誰かの人生に触れ、

自分事して思考を巡らせたり、

新しい自分を増やしていくことがとても大切だと思います。

 

この記事が、ちょっとでもあなたの本選びのお役に立てたら嬉しいです!

 

※掲載の順番や、説明文の長短と、本のおススメ度は関係ありません

 

旅をする木

写真家、探検家であり、アラスカを拠点とされていた星野道夫さん。

文章を読んでいるだけで、星野さんの静かで優しい人柄が伝わってくる気がして、

アラスカの雄大な自然が目の前に現れるような心地がして、

疲れた時ほどこの本を読みたくなります。

アラスカという厳しい自然環境の中で、命の循環を目の当たりにしながら暮らしていた星野さん。

その人生観が、とても味わい深い1冊です。

ぼくたちが毎日を生きている同じ時間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地のさほど大きい。

というセンテンスは、東京であくせく働いていた私の心に、何時も清涼感をもたらしてくれました!

本当に本当におススメの1冊。

 

 

ギリシア神話を知っていますか 

中東で起こっていることが全く理解できないので勉強したいと思うのですが、

何から始めるといいと思いますか?

と会社の先輩に質問したところ教えてくださった1冊です。

いま起こっていることだけではなく、物事の起こりを本質的にとらえなさいね!と。

なるほど!さすが言うことが違うな!と先輩のあり方に感動しました。

そしてこの本、もうとにかく面白いんですよ~~~~!!!

ギリシア神話の神様、恋してばっかりなの笑

イメージよりずっと官能的で、ずっと暴力的なギリシアの神々を知りました。

同シリーズの『旧約聖書を知っていますか』『コーランを知っていますか』もおススメです!

 

下り坂をそろそろと下る

司馬遼太郎『坂の上の雲』をモチーフにしながらも、

扱っているテーマは同書とは真逆の、日本の衰退についてです。

もはや日本はアジア唯一の先進国ではなくなりましたし、

今後成長する見通しもない中で、日本人はどうあるべきかを説いています。

平田オリザさんの専門領域である、文化や芸術の視点から、

これからの人づくりや街づくりについて書かれています。

 

落日燃ゆ

A級戦犯のうち、ただ一人だけ文民だった広田弘毅の半生を描いた一冊です。

外交官として太平洋戦争の開戦を避けるべく奔走した姿や、

軍部が暴走を続ける中で首相に就任し、

戦争の終結と国体の護持に苦心した広田弘毅の様子がありありと描かれています。

私は恥ずかしながら、広田弘毅さんの存在をほとんど知らなかったのですが、

このような立派な方がいらっしゃったおかげで今の日本があるのだなと、畏敬の念を覚えました。

 

人生エロエロ

「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。」から始まる軽妙な文体。

一時も目が離せないほど面白いです!!!

ただし、深くも文学的でもない、本当にしょうもないエロい話しの80連発です笑

これを発刊できるなんて、さすが奇才みうらじゅん!

みうらじゅんさんの世界観があまりにも面白すぎて、

その後2週間ほどみうらじゅんさんの本だけを読み耽った時期がありました。

クスっとしたい時にでも!

友がみな我よりえらく見える日は

アパートから転落し失明した市役所職員、

45年間男性と付き合ったことがないOL、

不登校の若者など、

ひとりひとりの人生を上原隆さんが丁寧に聞きこまれた1冊です。

人の人生とはこんなに千差万別で壮絶なのかと、ズシリと来ました。

シリーズ丸ごと購入して読み漁り、

人間について、人生について、とても勉強が深まりました。

 

ひとを嫌うということ

昔から人の好き嫌い激しいよねーーーって言われることが多かったこともあり、

嫌いな人がいる自分のことが嫌いだったんです。

嫌いな人がいる自分は未熟なのではないか、と。

ただ、やっぱりどうしても、嫌いなものは嫌いなんですよね!

あなたに嫌いな人がいて、またあなたを嫌っている人がいることは自然なこと。

よく考えれば当たり前のことなんですが、この本を読んで、心が軽くなりました!

そして、嫌いをとことん追求することが人生を豊かにする、という考えは目から鱗でした。

 

自分の中に毒を持て あなたは常識人間を捨てられるか

岡本太郎さんのエネルギーがびしばし伝わってくる1冊です!!

本当に生きているか?甲斐のある日々か?やりたいことをやっているか?

彼の人生を通じたメッセージだけに、とても心に刺さってきます!

 

すべてはモテるためである

AV監督の二村ヒトシさんが書かれた1冊です。

なぜモテないかっていうと、あなたが気持ち悪いからでしょう?

といきなりバッサリ切り捨てられます。

いやいや、そんなことないから・・・!

と思って読み進めていくと、だんだんぐうの音も出なくなっていきます笑

どうやったらモテるかのハウツー本ではなくって、

なぜあなたがモテないのか、そもそもモテるとはなんなのかを、真剣に探究する本です。

私に息子が生まれたら、ぜひ必読して欲しい。

二村さんの他の本やコラムなどもおススメです!すごく素敵なことがたくさん書いてあります。

 

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉

日野原重明さんが、ひとつひとつの質問に答える形式で綴られた1冊です。

表題のとおり、人生を通じて得た哲学や知見を、

後世へ伝えたいメッセージとしてお話しくださっています。

驚いたのは、100歳を超えてもなお、知らなかった新しい自分が見つかるそうなんです。

どれだけ年を重ねられても、この世界のこと、ご自身のことを探究し続けているご姿勢に、

心から尊敬の気持ちを感じました。

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です