世界を拡げるために読んだ本~日本語の勉強編~

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は仕事力を高めるために、本を年間100冊読もうと決め、3年続けて100冊を達成しました!

(詳細はこちらの記事でご覧ください)

 

並行して日本語をしっかり扱えるようになりたいと思い、

日本語のトレーニングにも取り組みました!

 

まずは正しく日本語を使えるようになること、

次に美しい表現や、多彩な語彙、慣用句を活かした文章を書けるようになることを意図しました。

 

今日はそのために読んだ本をご紹介させていただきます!

ヒマなときにパラパラめくるのも面白い本たちですよ!

 

美しい日本語の辞典

美しい日本語、味わい深い日本語がたくさん掲載されています!

このまま消滅させてしまうには惜しい日本語を、後世に残すという意図を込めて編纂したそうです。

『後世に残したい日本語』『自然を友として 雨・風・雲・雪・空の名前』『擬音語・擬態語』

の3つの章で構成されています!この辞書に載っている表現を少しずつでも使えるようになれば、

文章がぐっと深みを増すと思います!おススメです!

 

 

感情ことば選び辞典

こちらは感情に沿って、たくさんの類語を紹介してくれる辞典です。

文章を書いていると、ああ、またさっきと同じ感情表現を使ってしまった・・・。

何か違う表現にしたい・・・!感じる時が多々あります。

そんな時はぜひこの1冊を活用してください!きっと活路が開けますよ!

 

ぎおんご ぎたいご じしょ

擬音語と擬態語に特化した辞書です!

五十音順に、いくつもの擬音語・擬態語が載っています。

デザインがおしゃれなのでパラパラめくっているだけでも楽しい本です。

私はよく、ワークショップのアイディアを出したい時にこの本を眺めて、着想を得ています!

 

書く力 私たちはこうして文章を磨いた

ジャーナリストの池上彰さんと、読売新聞の竹内政明さんが、

文章の書き方や、どのように文章を磨いてこられたのかを、

余すところなく語ってくださっています。

熟練の技、引き出しの多さ、意識の置きどころ、矜持、とにかく参考になり、目から鱗の連続でした!

ある程度まとまった文章が書けるようになった方が、

次のステップへ上がるために参考にすべき1冊と思います!

すごくおススメです!

 

 

「あ、それ欲しい!」と思わせる広告コピーのことば辞典

こちらも数多くの広告コピーが掲載されています。

有難いのは辞書形式になっているところで、例えば「スポーツ」という単語を引くと、

「スポーツ」という言葉が使われている広告コピーを見ることができます!便利です!

 

 

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です