略歴・資格など

相内洋輔

NPO法人WAKUTOKI理事長

東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科 非常勤講師

ワークショップデザイナー/メンタルコーチ


1985年仙台市生まれ。大学在学中からオリジナルワークショップを企画運営し、小学生から大学生まで幅広い年齢層に提供。

2008年(株)リクルートに入社し、不動産広告の営業を担当。入社3年目の3月に東日本大震災で被災。

友人とその家族を亡くしたことと、震災直後の避難所で懸命に働く妻の姿に胸を打たれた体験から、自身のお金儲けのためだけに生きてきた自分の器の小ささに直面。

もっと社会のために働きたいと思い、2013年に公益財団法人東日本大震災復興支援財団へ転職。東北の未来を担う若者の育成事業と、彼らを支援するNPO団体への助成金事業を担当。

ワークショップや個別セッションを通じて、東北の復興を志す約700人の若者の自己理解を促進し、自分自身と深くつながったマイプロジェクトの実現を支援。

財団での5年間の活動と、自身が学生時代に経済的に困窮した経験から「環境に左右されることなく、自分の意図に沿って自由に前進できる人が増えれば、応援と協働が生まれ、世界はもっと優しい場所になる。そんな未来を作りたい!」と考えるようになり、2018年に独立。参加者の前進を応援する場作りで世界に貢献しようと、自己理解を深めるためのオリジナルワークショップを多数実践。活動が好評を博し、自己探究やリーダシップ開発、ビジョン策定など、各種企業や団体からの依頼内容に沿った完全オーダーメイドのワークショップ・研修を提供している。

上記と並行してメンタルコーチとして個人セッションを提供し、理想の未来へ近づきたい個人のパラダイムシフトに寄り添っている。

2021年にはNPO 法人WAKUTOKI を設立し理事長に就任。「ワクトキなシナリオを皆に。」のビジョンのもと、2人の個性豊かなワークショップデザイナーと共に、人生を自分らしく生きる 人が増えることを意図して、各種ワークショップを開催している。

15年間で開催したワークショップは500回以上、約7,000人に提供。

<年表>

1985年 仙台市で誕生

2004年 仙台第一高等学校卒業

2008年 宮城大学卒業 株式会社リクルート入社

2011年 転勤し仙台支社で勤務中に東日本大震災が発生

2013年 公益財団法人東日本大震災復興支援財団入社

2016年 ソフトバンク株式会社へ兼務出向

2016年 CTNに通いコーチングとコミュニケーションを本格的に学ぶ

2018年 仙台へ戻りワークショップデザイナーとして活動スタート

株式会社フューチャーセッションズと委託を結び地域開発の場作りに従事

2019年 株式会社Pallet委託を結び組織開発のワークショップを展開

Slow Innovation株式会社と委託を結び「気仙沼をつなげる30人」に着手

2020年 独立してからのワークショップ実施回数が100回を突破

2021年 ワークショップ50回、コーチングセッション70件程度を実施

2021年 特定非営利活動法人WAKUTOKIを設立。理事長に就任

2022年 東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科 非常勤講師に就任

 

資格 / 受講歴
・CTN(コミュニケーショントレーニングネットワーク)にてコーチングとコミュニケーションに関する3つの基礎講座およびプロコーチコースを修了
・LEGO®️SERIOUS PLAY®️メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ
・青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了
・ISIS編集学校 46期[守]卒門
・ISIS編集学校 46期[破]突破
SDGs for School認定エデュケーター
・ネイチャーゲームリーダー

 

ワークショップ、コーチング、研修や講演のご相談があればお気軽にご連絡ください!