サーフボード
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、「コロナウィルス蔓延の前後で変化が起こったことは?」です。

 

ぜひ、ワークショップに参加しているつもりで、ご自身を見つめる機会としていただけたら幸いです。

チェックイン

ぼくのワークショップは、必ず「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

 だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみていただきたいと思います。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

 

ひとりで読んでいる人は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる人は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか?(思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、評価したり、その人を変えようとしたりせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

スポンサーリンク

あなたの変化を自覚する

続いて本題です。

 

まずは初めに、コロナウィルスが蔓延する前と、今とでは、何が変わったでしょうか?

 

世の中において変わったなあと感じることを、10分程度で思いつく限り書き出してみてください。

 

その際、過去より良くなっていると感じていることと、過去より悪くなっている、あるいは嫌だなあと感じていることに分けて考えると、思考が整理されて良いと思います。

コロナウィルスが蔓延したことによって変わったなと思う世の中のこと

 

書き終わったら、あなたはこれらの変化について何を感じるか、書き出してみましょう。

 

 

 

続いて、あなた自身は、コロナウィルスが蔓延する前と、今とでは、何が変わったでしょうか?

 

こちらも10分ほど時間を取って、思いつく限り書き出してみてください。

コロナウィルスが蔓延したことによって変わったなと思うあなた自身のこと

 

終わったら、先ほどと同じように、これらの変化について感じることを書き出してください。

 

 

上記について全て書き終わったら、お1人の方はご自分の書かれた内容を見返して、どんな感情や考えが湧いてくるか味わってみてください。

 

複数人の方は、それぞれに共有しあってみることをおススメします。その場合、共有される意見は絶対に否定しないことを前提にし、お互いの考えを尊重し合っていただけたらと思います。

大切なこととは? 

最後に今日のまとめです。

 

以下3つの問いについて何が浮かぶか、10分~15分ほど時間を取って考えてみてください。

 

3つそれぞれに違う答えが浮かんでもかまいませんし、バラバラでもOKです。

 

  • コロナウィルスが蔓延する前、あなたにとって大切だったこと
  • 今あなたが大切にしていたいこと
  • 未来においてあなたが大切にしていたいこと

 

これらの問いには、価値観を書いてくださってもかまいませんし、具体的な行動を書いてくださっても大丈夫です。

 

書き終わったら、お1人の方はなぜそう感じたのか、理由を考えてみてください。

 

複数人の方は、上記で書いたことを共有しながら、なぜそう感じたのかについても同時にお話しください。

チェックアウト

最後にチェックアウトとして、下記のことについて見つめてみてください。

 

・今日の気づき、発見はなんだったか

・今どんな気持ちを感じているか

 

1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

 

複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってください。

 

今日はこれで終了です!

最後に

・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

 

・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。

 

・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

コロナウィルスの支援に関する情報

■首相官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_shien.html

 

■厚生労働省(相談・受信の目安、心の相談窓口等)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

 

■マネーフォワード(補助金・助成金等)

https://covid19.moneyforward.com/

 

今日も一日お疲れ様でした。また明日!

相内 洋輔

お気軽にお問い合わせください!メールでのお問い合わせは workshop.design44@gmail.comへ!080-6002-6315 (ワークショップデザイン 相内宛て)受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合せフォーム (Googleフォームが開きます)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事