みんな違ってみんないい / ワークショップのアイディア出し

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私は常にワークショップのネタになるものがないかアンテナを張っていて、

アイディアをどんどん溜めて行っているのですが、

(ワークショップアイディア出しチャレンジ)

 

先日はふと、

金子みすゞさんの有名な詩が目に留まりました。

 

わたしと小鳥と鈴と

「わたしが両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥はわたしのように、 地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴はわたしのように、 たくさんなうたは知らないよ。

鈴と、小鳥と、それからわたし、 みんなちがって、みんないい。」

 

ちょうど自分にはできない仕事や、

やっても時間がかかるばかりでクオリティが上がらない仕事を

その仕事が得意な先輩にお願いさせてもらっていたところだったので、

いつにも増して味わい深く感じたんです。

みんなちがって、みんないい!

ワークショップのイメージ

それなのに。

未だに職場や学校では、

みんなと同じように考え振る舞うことに重きを置いているところが多いと思いませんか?

 

特に職場では、隣に座っている人は仲間でもある一方、

出世や評価を賭けたライバルでもあります。

 

そしてほとんどの人は忙しいので、

自分にできないことをできる人にやってもらうことは容易ではありません。

 

そういうところでは、他者と違うことが弱さや怖さになってしまう。

 

こんなこともできないの!?

それくらい自分でできるようになって!

 

なんて一度でも言われてしまったら、

その後はとても誰かに頼ろうという気持ちなんて湧いてきませんよね。

 

でも、

できないことを誰かに助けてもらったらとても嬉しくないですか?

ストレスも減り、時間もかからず、よりイキイキと暮らせると思いませんか?

 

そしてそこから生まれる感謝が頼った相手にも伝わって、

自分だけではなく、相手もハッピーになると思いませんか???

 

そうしたらハッピーになった相手が、

その先にいる誰かを更にハッピーにして・・・・!

どんどん連鎖していくと思うんですよね。

 

そういう職場や学校がもっともっと増えたら素敵だなあと思います。

 

そうやって考えていた時に浮かんだのが、

他者にしてもらったら嬉しいことは何ですか?

という問いです。

 

世の中には、自分のことは自分で完結しなさいというメッセージのほうがとても多いですが、

チームを形成するうえでは、自分が貢献できることや、

他者に頼りたいことを明確にしておくのは、

むしろポジティブに働くのではないでしょうか。

 

例えば私はずっと野球をしてきたんですけど、

166cmと小柄な体格だったので、長打力がある打者ではありませんでした、

 

その代わり、バントなどの小技だったら絶対に負けない!

と心に決めて、徹底的に反復練習をしました。

私の小技で相手を揺さぶり、後に控える大砲にいい形でつなぐ!

 

そうやってチームに貢献していたんです。

 

だから私は、

ホームランを打て!

さもなくば試合には出さない!

なんて誰からも言われませんでした。

 

むしろ、

小技を徹底してくれてありがとう!

と褒められたことを覚えています。

 

これ、部活として読んだらとても普通のことですよね!

職場だと急にこうできなくなっちゃうのはなぜなんでしょう・・・。

 

人生の大半を過ごす職場でこそ、

弱さも強さもお互いに認め合えたら、

すごく豊かな人生につながると思いませんか?

 

 

さあ、あなたは他者にどんなことをしてもらったら嬉しいですか?

 

自分のチームでシェアしあってみたら何か違いが生まれるかも!

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

ワークショップを簡単に作るためのフロー

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す!~おすすめのアイスブレイク~

 

人生を自分らしく!

相内洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です