海へ目がけて走り出す女子高校生たち
スポンサーリンク

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営や

ファシリテーション、コーチングなど

人が前進するための場作りを行っています!

 

8/3~8/4は秋田県能代市にて

IKKAKU HACK 集中ワークショップ合宿のファシリテートを行ってきました(^^)

秋田駅で迎えてくれたなまはげ

 

参加者が徐々に盛り上がっていく様子が独特で

忘れがたい2日間になりました!

IKKAKU HACKとは?

『まちの一角を借りて まちに彩りを添える人になろう』

 

IKKAKU HACKはこんなキャッチコピーのもと

秋田県庁あきた未来創造部が主催し

一般社団法人ドチャベンジャーズ

今年から運営を開始した事業です。

 

秋田の高校生をはじめとした若者たちが

様々な技術やノウハウを持つ地域の先輩や

共に活動する仲間とつながり

やりたいことをこの秋田で実現するための

プラットフォームを構築すること

を目的としています。

 

具体的には

1泊2日のキャンプを通して仲間をつくり

活動のアイディアを練る機会の提供

 

高校生のやりたいことを手伝ってくれる

地域の大人とマッチングし活動の実走を支援

 

活動の実施に必要な経費を助成(審査あり)

 

などの支援メニューが用意されている

とても手厚い事業です。

 

今回は1泊2日のスタートアップキャンプについて

ワークショップの実施をご依頼いただきました!

IKKAKU HACKワークショップの様子

スポンサーリンク

初めて秋田の高校生とワークショップを実施!

私にとっては

初めての秋田県で実施するワークショップ。

どんな生徒が参加してくれているのか、

ワクワクが止まらない道中でした!

 

会場に着いて県庁の方々と懇談していると

「県外から来た講師の方は、秋田県民は全然反応が無いって嘆いて帰るんですよー」

というお話しが。

 

ほうほう、一体どんな程度なんだろう?

リアクションくらいしてくれるだろうー。

だいじょうぶだいじょうぶっ。

 

そう思っていたのですが

場に立って、話し始めて、痛感しました。

 

あいない
本当に反応が無いじゃん・・・!(笑)

 

あらあら、今回はどうなるんだろうー。

 

ちょっと参ったなぁという気持ちと

絶対にこの状況を打破してやろう!

という決意とが交錯する出だしだったのですが

 

最終的に残ったのは

無理やり煽ったりせず

場にフィットする進め方をするだけだなぁ

といういつも通りの自分でした。

 

それからは予定していたアイスブレイクを変更し

たっぷりと場作りに時間を費やして

生徒が「行きたいーーー!」

と言ってくれた近くの海辺まで散歩し

みんなでキャピキャピしながら夕日を眺め

お互いの人間関係を紡いでいきました。

日本海に沈む夕日を皆で眺める

海へ目がけて走り出す女子高校生たち

こういう時ほど

ずーーーーーーーーーーーっと

ワークショップをやってきて良かったなと思います。

 

反応の無さに焦って力めば力むほど

参加者の気持ちは離れていくもの。

 

ファシリテーターは

『北風と太陽』の寓話のように

いつの間にか上着を脱ぎたくなっている

ような状態を作ることが大切です。

 

でないと

いい対話や、いいアイディアは生まれません。

 

メンターの大人のサポートのおかげもアリ

最終的にはほとんどの参加者が

自主的に意見交換ができるようになりました!

 

それぞれが考えてくれたアイディアもなかなかユニークで

ぜひ地域の中で実行してみて

どんな結果が出たか教えて欲しいと思いました。

作ったアイディアの発表会

スポンサーリンク

東北コンプリート!

今回で青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島と

東北6県でワークショップを開催

することができました!

 

6県をコンプリートし感慨深いです。

 

今回はその中でも

特に大人しい参加者が多い会だったのですが

主催された秋田県庁の方々に

感想
まるで相内さんの魔法にかかったように、場がどんどん変わって行く様子に、とても感動しました!!

と最大限の賛辞をいただき光栄でした。

 

次は東日本の全県でワークショップを開催する

ことを目指そうと思います。

まずは群馬、茨城、栃木、埼玉、神奈川

あたりでワークショップを開催してみたいです!

そして数年内に47都道府県コンプリートしたい!

 

新たな目標が生まれ、

私にとっても楽しい会でした。

 

しかも今回の合宿は

ちょうど竿燈のタイミング!

 

一泊多く泊まって

初めての竿燈と

秋田の郷土料理を楽しみました。

初めて見た竿燈

秋田のきりたんぽ鍋

秋田牛の炙り

ワークショップを携え

全国どこにでも行ける喜びを実感した

幸せな時間でした。

 

8/8~8/9は秋田県南の高校生を対象に

保呂羽山で同様のワークショップを開催します。

 

どんな場になるのかワクワクドキドキです。

また会場に魔法をかけられるよう

しっかりやってきます。

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事