「困難を成長の機会へ変えるために、いま何に自己投資をすべきか」を考えるワークショップ
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、「困難を成長の機会へ変えるために、いま何に自己投資をすべきかを考える」です。

 

コロナウィルスの影響で大変な制約が強いられている毎日で、鬱屈とした気持ちを感じている方も多いのではないでしょうか。ぼくもその1人です。早く自由に外を動き回りたい!

 

ですが世界の多くのリーダーたちは、こうしたタイミングだからこそ自分自身を変革し、大ききな成長を目指すことが重要だと発信し続けています。

 

そうしたメッセージを目にする度に、人は窮地に追い込まれた時ほど成長できる、という側面もあるんだろうなと考えさせられます。

 

そこで今日は、このタイミングで成長を目指すとしたら、どんな自己投資が自分にぴったりなのかを考えるワークショップを作ってみました。

 

あなたの未来につながる時間となれば幸いです。

チェックイン

ぼくのワークショップは、「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

 

だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみていただきたいと思います。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

ひとりで読んでいる方は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる方は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか? (思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、相手のことを評価したり、意見を変えたりしようとせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

スポンサーリンク

これまであなたはどんなことに自己投資をしてきた?

では、今日の本題へ進みましょう。

 

まず始めに見つめていただきたいのがこれまであなたは、自己の成長のために、どんなことへ、何を、どれくらい投資してきたかです。

 

本を読むために時間やお金を使った、専門知識を得るために3年間スクールに通ったなどなど、これまでの人生を振り返っていただき、あなたが自己投資したことを思い出してみてください。

 

ここで何を自己投資とするかはあなたの判断にお任せしますが、主には、お金、時間、労力などを費やしたことを中心に考えていただくと良いと思います。

 

ただし、「資格の勉強」などの堅いことだけではなく、世界各国を旅したとか、キャンプに明け暮れたとか、たくさんの女性をナンパしたとかでもかまいません。

 

まずは、思いつく限り「これまで経験した自己投資と呼べそうなもの」を書き出してみてください。

これまで自己投資してきたものは?

時間は10~15分程度でお願いいたします。

 

書き出し終わったら、どの自己投資には満足感を感じているかも、併せて考えてみてください!

 

それが完了したら、お一人で読んでくださっている方は次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、それぞれに何を書いたかを共有してください。その際、共有される意見は絶対に否定しないことを前提にし、お互いの考えを尊重し合っていただけるようお願いします!

自己投資の対象を幅広く想像してみる

続いて、あなたが今から自己投資を始めるとするなら、どんな投資対象があるのかを一通り想像しておきましょう!

 

ここでは、以下に6つの切り口を用意させていただきました。

  1. スキルや知識
  2. 身体能力の向上や健康
  3. 美容や容姿
  4. 環境整備や物品の購入
  5. 人脈作り
  6. 体験

 

こちらの項目に対して、思い浮かぶことをできるだけ列挙してみてください。あなたが実際に投資をするかどうかは、ここでは一旦脇に置いておいていただいてけっこうです。

 

また、全く思いつかないという項目があってもかまいません。

 

大切なのは、全部の項目を埋めるということではなく、投資の対象となることを広く想像してみることです!

 

では、自由に書き出してみてください。時間は10~20分程度でお願いいたします。

書き出し終わったら、お一人で読んでくださっている方は次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、それぞれに何を書いたかを共有してください。きっと、自分1人では思いつかなかったアイディアがあるのではないかなと思います!もし気に入ったアイディアがあれば、自分のメモに書き足していただいてOKです。

自己投資の対象を絞る

いかがでしたか? たくさんの可能性が見えていれば幸いです。

 

では仕上げののパートへと移っていきましょう。

 

ここでは以下の3つの視点から、先ほど挙げていただいたアイディアを絞り込んでいただきたいと思います。

 

  1. 短期的リターンが大きいもの
  2. 中長期リターンが大きいもの
  3. あなたが心惹かれたもの

 

ぼく個人のことを例に出すと、①は背中が痛くならないイス②には心理学やマーケティングなどの専門知識③にはハワイを隅々まで知り尽くす旅がノミネートされました。

 

さあ、あなたは何がノミネートされるでしょうか? ぜひ自由に想像してみてください。

考え終わったら、お一人で読んでくださっている方は次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、それぞれに何を書いたかを共有してください。

自己投資を始めるための最初の一歩は?

さあ、あなたが自己投資したい対象は見えて来ましたか? これがいいなあ、これをやってみたいなあと思えるものが見つかっていれば嬉しいです。

 

今日はこちらの問いかけがラストになります。

 

自己投資を始めるための最初の一歩はなんですか?

 

情報を知らべる、友人に相談する、資料を取り寄せるなど、小さなことでかまいません。先のパートでリストアップしていただいた自己投資の中から何かを始めるとするなら、最初の一歩は何かを、ぜひ考えてみてください。

考え終わったら、お一人で読んでくださっている方はぜひ、いつ最初の一歩を踏み出すかを決めてみてください!

 

複数人で読んでくださっている方は、どんな最初の一歩を考えたのか、ぜひみんなで高らかに宣言しあってください!

チェックアウト

最後にチェックアウトとして、下記の2つを見つめてみてください。

 

・今日の気づき、発見はなんだったか

 

・今どんな気持ちを感じているか

 

1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

 

複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってください。

 

今日はこれで完了になります!

 

毎日を平穏に生きるのも大変な最近ではありますが、ぜひこの機に、自分を成長させる投資をしよう! と思ってくださる方が少しでも増えれば幸いです。

最後に

・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

 

・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。もしお役に立てましたら、SNSなどでシェアしていただけますと嬉しいです!

 

・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

 

今日も一日お疲れ様でした。また明日!

相内洋輔

お気軽にお問い合わせください!メールでのお問い合わせは workshop.design44@gmail.comへ!080-6002-6315 (ワークショップデザイン 相内宛て)受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合せフォーム (Googleフォームが開きます)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事