「この世界の優しさを分かち合う」ワークショップ
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、「この世界の優しさを分かち合う」です。

 

この1週間ほど、わりと堅めな内容のワークショップが多かったで、ほっとするコンテンツも必要だなと思いました。

 

忙しい毎日が続くと、どうしても身の回りにある小さな幸せを見落としてしまいがちです。

 

あなたの身の回りにある優しさに意識を向けてみることで、ほんの少しでも心がほっこりする時間になれば幸いです。

チェックイン

ぼくのワークショップは、「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

 

だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみていただきたいと思います。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

ひとりで読んでいる方は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる方は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか? (思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、相手のことを評価したり、意見を変えたりしようとせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

スポンサーリンク

あなたが触れた「優しさ」について思い出す

今日は、あなたが最近触れた「優しさ」について思い出してみる、ということから始めてみようと思います。

 

体調を気にかけてもらったこと、マスクを分けてもらったことなど、どんなことでもかまいません。あなたが優しいなあと感じたことを、なんでもリストアップしてみてください。

 

切り口としては、あなたが直接体験したコトと、あなたが見聞きしたコトに分けて考えると良いと思います。

最近あなたが触れた優しさ

時間は10~15分程度でお願いいたします。

 

ちなみにぼくは「ワークショップを開催できないだろうから心配してたよ。大丈夫?」というメッセージをもらったことや、

 

「美味しいコーヒーを手に入れたから送るよ!」と連絡をもらったりしたことに、とても優しさを感じました。

 

自分のことを想ってくれる人がいるって、ホント嬉しいですよね。こんな時だからこそ、ますます。

 

あなたが最近触れた「優しさ」について思い出し尽くしたら、お一人で読んでくださっている方は、次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、最近どんな優しさと出会ったか、見聞きしたかを共有しあってください!

 

ただし、共有される意見は絶対に否定しないことを前提にし、お互いの考えを尊重し合っていただけるようお願いします!

そもそも「優しさ」ってなんだろう?

いかがでしたか? 優しさに触れた話しを聞くと、まるで自分のことのように、ほっこり心が温まるような感じがしますよね。

 

続いてこのパートでは、優しさとは何なのかを改めて皆さんに問いかけてみたいと思います。

 

ただし、優しさとは何か? という問いかけのままでは考えにくいと思いますので、優しい人の特徴や振る舞いを考えるということから、優しさとは何かを再考ください。

 

こちらは正解も不正解も無いので、あなたが感じるままに、自由に書き出してみてください。

優しさとは?

時間は10~15分程度でお願いいたします。

 

書き終わったら、お一人で読んでくださっている方は、次のパートへ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、あなたが感じる「優しい人の特徴や振る舞い」を共有しあってください!

いまこの世界に求められている優しさとは!?

今日はこのパートで仕上げになりますっ。

 

ここまで、あなたが最近触れたり、見聞きしたりした優しさを共有いただき、そもそも優しいってどういうことなのかを深堀りしていただきました。

 

これらの対話、探究から感じたことを元にしながら、ぜひこちらの問いかけに答えていただきたいと思います。

 

いまこの世界に求められている優しさとはなんだと思いますか?

いまこの世界に求められている優しさとは?

抽象的な問いかけですが、ぜひ、あなた自身が大切だと感じることを1~3つ程度書き出してみてください。

 

時間は10分くらいでお願いいたします。

 

書き終わったら、お一人で読んでくださっている方は、それらの優しさを日常であなたが発揮することをイメージしていただけると良いと思います。

 

複数人で読んでくださっている方は、ぜひみんなで、どんな優しさが広まっていくと良いかを意図しながら、考えた内容を共有してください。

チェックアウト

最後にチェックアウトとして、下記の2つを見つめてみてください。

 

・今日の気づき、発見はなんだったか

 

・今どんな気持ちを感じているか

 

1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

 

複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってください。

 

それが完了したら、今日のワークショップは終わりとなります。

 

最近はテレビでもSNSでも、多くの方が怒りや不安を強い口調で訴えていて、どうしてもそれらの言葉に心を揺さぶられてしまう瞬間が増えていると思います。

 

だからこそ、いまどんな優しが世界に溢れていると素敵かに焦点を当てて毎日を過ごしててみることには、とても大きな価値があると信じています

 

ぜひ一緒に、優しさの循環を広げていけたら幸いです!

最後に

・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

 

・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。もしお役に立てましたら、SNSなどでシェアしていただけますと嬉しいです!

 

・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

 

今日も一日お疲れ様でした。また明日!

相内洋輔

お気軽にお問い合わせください!メールでのお問い合わせは workshop.design44@gmail.comへ!080-6002-6315 (ワークショップデザイン 相内宛て)受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合せフォーム (Googleフォームが開きます)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事