ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

私はワークショップでの研修を作る時は、

いつも自由に進め方を設計できる喜びに浸っています。

 

知識を伝達するための講義と違ってやり方が無限にあること、

参加者が変われば同じワークでも結果がぜんぜん違うこと、

などはワークショップのひとつの醍醐味です。

 

ただそんな私が、必ず毎回の研修プログラムに入れなければ!

と思っている仕掛けが3つだけあります。

 

グラウンドルールの共有、チェックイン、全体シェアの3つです!

グラウンドルールの共有

私はワークショップ研修の冒頭で、グラウンドルールを共有しています。

なぜなら、安心安全な場作りを進めていくうえで欠かせないものだからです。

 

私は、ワークショップは自分自身が感じたことを素直に伝えられたり、

ふだんは胸にしまっていてなかなか外に出せないことなども、

気兼ねなく持ち出せる場であればいいなと思っています。

 

だから、ワークショップの場で話したことが他の人に伝わってしまうかもしれないという恐れは、

なるべく早いうちに参加者の頭の中から除いておいてしまいたいのです。

 

そうした背景をお伝えしたうえで、

ここで話されたことは、絶対にこの場限りとして扱うこと、

この部屋の外や違う空間では話題にしないことを共通のルールにしています。

 

また、ワークショップにおいては主体的に参加をする方が多ければ多いほど、

その場から生まれる学びや触発が深くなります。

 

そのため、主体的に参加し自分たちで成果を創る意識

を持っていただくことも必ず最初にお伝えします。

 

グラウンドルールとしては、

・積極的に発言をする

・気づいたことは胸にしまっておかずに持ち出す

・全体の貢献を意図した意見共有を行う

などからその場に合ったルールを選んでいます。

 

潤沢に時間がある場合や、リーダー育成研修などでは、

場に居る皆で一緒にグラウンドルール作りをするところから始めることもあります。

 

チェックイン

続いてチェックインです!

チェックインとはワークが始まる前に、

今の自分が感じている気持ちや、身体感覚や、みんなに伝えておきたいこと

などを参加者それぞれが自由に持ち出す時間のことです。

 

ペアになって順番に話すこともあれば、

全体で話したい人から順に発言していくこともあります。

 

文字にするとすごく小さな仕掛けで、

なぜ大切なのかが伝わりづらいかもしれません。

でもこれ、いくら全体の時間が無くなっている状況だったとしても、

私はできる限りカットせずに入れていたいと思っているんです。

この時間が場作りに直結するんです。

 

チェックインでは、

眠い、疲れた、帰りたいなどのネガティブなことも自由に発言してOKです。

 

これらのネガティブな気持ちを誰にも言えずに溜め続けているとストレスにつながるのですが、

口に出して外に伝えてしまうと、実はそんなに影響力を持たなくなるんです!

 

また、こうしたことを自由に言い合えることで、参加者の中に

「この空間は安心して本音を言える場なんだな、着飾らなくても大丈夫そうだな」

という意識が芽生えます。

 

更に、チェックインでは参加者全員が発言します。

自分の内側を探って能動的に発言をする機会が、さりげなく各所に用意されていたら、

意見を言うことに対しての敷居がぐっと下がると思いませんか?

 

私は半日のワークなら2回ほど、

終日のワークなら3~4回ほどを目安にチェックインの時間を設計することが多いです。

 

全体シェア

最後に全体シェアです。

ワークショップでは各所で様々な気づきや揺らぎ、意識の転換が生まれます。

 

それらを個人のものに留めるのではなく、

場に出していただくことから相互の触発を生み出し、学びを深めていくんです。

そのため各ワークの最後の時間には、全体シェアの時間を用意しておきます。

 

この時に、私の感じてることなんて皆の役に立たないと思ってしまい、

なかなか発言できない方もいらっしゃるのですが、

多くの場合、ご本人が感じている以上に大きな影響力を持つことが多々あります。

 

そうしたものを持ち出していただくことで参加者の心の中に予期せぬ波が起こったり、

発言してくださった方への見方が転換したりします。

 

発言してくださった方の中には、

場へ貢献できたことに対する自尊心や肯定感が生まれます。

 

そうやってお互いが混ざり合って、

これまでのパラダイムがどんどんシフトしていき、

最終的には思いもよらなかった成果に到達する。

 

私は、自分が感じたことを素直にシェアしあうことには、

それぐらいのことを軽く起こしてしまうくらいのパワーがあると思っています!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

もちろん時間配分を調整する必要はありますが、

どのポイントについても、

特別なスキルや知識を持たずとも実施できる内容です。

 

それでいて、

どれもワークショップ研修全体のクオリティに大きな影響力があります!

 

ワークショップの場を一段高めたい方は、

ぜひご自分のプログラムにエッセンスを取り入れてみてください。

きっと、ものすごく場の質が変わりますよ!

 

おススメの書籍

以下は、ワークショップの企画運営を上達したい方へおススメの書籍です。

勉強してみたい!という方はぜひご参考にしてください。

 

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

ワークショップを簡単に作るためのフロー

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す!~おすすめのアイスブレイク~

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です