『現実はいつも対話から生まれる 社会構成主義入門』共通認識の作り方とは?

現実はいつも対話から生まれる 社会構成主義入門

著者:ケネス・J・ガーゲン メアリー・ガーゲン

監訳:伊藤守

発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

https://amzn.to/2WE0Pp3

 

少しずつ秋の気配が近づいて来ていますね。皆さまいかがお過ごしですか。今日は『現実はいつも対話から生まれる 社会構成主義入門』をご紹介させていただきます。

 

私たちは常に、当たり前が違う人々と接しながら日常の生活を営んでいます。私はつい先日、こんなことがありました。コロナウィルスの蔓延拡大によって、予定していた対面でのワークショップがオンライン開催へ変更になったのです。こうした状況が始まって1年半。もうZoomくらい日本中の誰もがカンタンに使えるだろうと高を括っていた私は、余裕綽々でいました。

 

ところが。

 

事務局の方々が参加者にヒアリングをし、Zoomを使えるかどうかを丁寧に確認してくださったところ、想像もしていなかった現実が現れたのです。Zoomを使ったことがない方がいることまでは想定内だったのですが、そもそもPCを持っていなかったり、Wi-Fi環境がなかったりと、実に多彩な回答が寄せられました。私は改めて、自分の当たり前だけを基準に物事を思考するリスクを学びました。

 

こうした前提の相違による掛け違いは、きっと日本のそこら中で溢れかえっているのだと思います。例えば、上長は「我がチームのコンディションは良好!」と認識していたけれど、実際はメンバーの不満が爆発寸前、なんてことは職場のあるあるですよね。

 

本書のタイトルの通り、社会構成主義では、その場に集う人たちが合意してこそ、初めて全体の現実となるということが語られます。よく考えてみたら当たり前のことなのですが、前述したように、私たちはこのプロセスをすっ飛ばして、自分の頭の中だけで解釈をしがちです。

 

でも、「私はいま、目の前で起こっている物事をこのように認識している。君はどう?」というコミュニケーションを丁寧に重ねない限り、それはずっと、全体の了解にはなり得ないのです。

 

あなたの組織では、どれくらい対話が行われていますか?

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

 

 

contact_txt
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう