「地域の思いをつなぐ若者育成事業」八戸・青森会場にてワールドカフェを開催しました

ねぶたの製作は、帯状の薄いLEDが開発されたことによって進化し続けているらしい。伝統と最新技術が融合しイノベーションが生まれるという事実は、10代〜60代までの、多様な年代の参加者が来てくださった今回の場に、とても馴染むと感じた。それで今回は、相互の触発が起こることを意図して、ねぶたの話から始めた。

 

50歳も年齢が離れていれば「お互いに分かり合えるはずもない」と反射的に思ってしまうのが普通の感覚だと思う。でもねぶたは、脈々と続く伝統に最新の技術が出会うことで、別様が生まれ、評価されている。であれば、人間どうしも違いを認め合い、新しい可能性を作り出せるはずだ。この日の私の存在意義は、それを体感してもらうことだけのためにあるかな、と力が入った。

 

そのために最も重要なことは、心理的安全性の高い空間を作ることだと思った。だから丁寧にチェックインをして、今の気持ちや参加の動機など、素直な気持ちをシェアしていただいた。「本音を言っていい、ということだったので」と、自身の状態を打ち明けてくれる方がたくさんいたおかげで、すごく柔らかい空気ができた。

 

そこから矢のように時間は過ぎて、あっという間の2時間だった。最後に高校生の参加者が「大人の方々が私の話を聞いてくれて嬉しかった」と感想を共有してくれた。対話作りの専門家としてしっかり役目を果たすことができ、私も嬉しかった。

 

今回はワールドカフェと銘打っておきながら、コロナを考慮して、席間の移動は取り入れなかった。制約が多い昨今だけれど、次回のワークショップも楽しみだ。

-地域の思いをつなぐ若者育成事業-

青森県教育庁生涯学習課企画振興グループの主催事業。高校生等の若者が、県内各地で活躍する地域活動者の地域活動の手法を学び、それを手本として、主体的に地域活動の企画・実践を行うことにより、若者の自己有用感及び地域愛を育み、県内定着の促進を図る仕組みの構築を目指した活動。

https://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/tiikinoomoi_worldcafe.html

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

contact_txt
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう