「か弱さの向こう側へ」と題したダイアローグを開催しました

重々しい場は嫌いじゃない。サクサク盛り上がる場とは違って、自分の全てが試されているようで燃えるからだ。先日のダイアローグはまさにそんな空間だった。

心を繋ぐ「弱さ」の共有

今回ご依頼をいただいたのは、気仙沼市のまちづくり会社colere様。代表が常々語っている「人口の限られる気仙沼市では、誰か一人が諦めるだけで大損失。全員のチャレンジを応援できるようにありたい」という姿勢が好きだ。だから技芸の全てを持って応えたいと思った。

 

チームのコンディションを聞かせていただいた際、まだ安心して自分の弱さを開示できていない状態かもしれないと感じた。「弱さ」は「強さ」の欠如ではない松岡正剛著『フラジャイル』に書かれたシンプルな一節こそ、colereの皆さんに届けるべきキーメッセージだと直感した。

 

弱さを共有し合うこととは、人と人とが出会い直すことだと思う。私たちは目の前の人と既に出会っているようでいて、実のところ、ほんの一片どうしでしか触れ合っていない。

 

私自身も強さという部分だけに着目し、弱さを共有しあえなかったがために失った人間関係は数知れない。昔はそれでもいいと思っていた。合わなかったのだから仕方がないと。でも今は違う考えを持っている。

 

この広い世界で偶然出会った者どうしが、出来るだけ良好な関係を希求するのは本能だと思う。問題はその方法が曖昧で、繊細で、移ろいやすいということだ。だから、人と人の心を結う場はとても貴重だ。そこに身一つで貢献できるのは、この上なく嬉しい。

自分との対話 他者との対話

ダイアローグの当日。気仙沼の内湾は穏やかだった。私はいつもより少しだけ入念に会場のレイアウトを整えようと思った。きっと繊細な場になるだろうから、なるべく参加者の視線に余計な情報が入らない装いにしたかった。新たなドアを開くために、一人ひとりの心の機微を絶対に取りこぼさない覚悟だった。

 

ダイアローグでは3つの問いを提示し、それぞれ1時間ずつを使って進行をすることにした。もう少し時間を切り詰めた手順も考えられたけれど、それぞれが平等に語ることを何より優先しようと思った。

 

組織には組織なりのテンポ、リズムがある。この日の出だしは、早朝に流れるピアノジャズのようなスロースピードだった。自分の内側からどんな言葉を取り出すべきか、それぞれがじっくりと思いを巡らせ、吟味していることが感じられた。自己とのコミュニケーションも、また対話だ。ぽつり、ぽつりとでもいい。これまでには生まれ得なかった対話が繰り広げられてさえいれば、スピードは問題ではない。

無自覚だった本心

場の空気を切り裂くのは、いつだって、参加者の正直で誠実な意見表明からだ。この日も例に漏れず、ある参加者のストレートな告白から流れが一変した。ダイアローグが始まって2時間が経っていた。この瞬間を逃してはいけないと身が引き締まった。

 

グッと熱量の上がった対話にしばし耳を傾けながら、私は別の参加者が前のパートで語った「自己認識」についての一言を思い出していた。その時には何も感じなかったのに、目の前で行われている対話を土台に振り返ってみると、チクチクするような違和感があった。

 

さっきの発言は整合性を欠いているのではないだろうか。アラートを突き詰めてみると、違和感の正体はこんな疑問だった。嘘を言っている感じではなかったから、自分の気持ちを見失った中での発言だったのかもしれない。どちらにしても、そこを掛け違えたまま話を進めると、まったく的外れな結末になると思った。

 

注意深く観察するうち、すっと私の中に言葉が湧いてきた。確信めいた手応えを感じた。けれどもし間違っていたら、場の空気は思いっきり冷えるだろうとも思った。少し迷って、数秒の間、夕日に照らされた気仙沼の海を眺めた。行くしかないだろう。自分の感覚を信じなければ仕事にならない

 

息を深く吸ってから「もしかしたらさっきの話で伝えてくれた感情って、怒りの前に、寂しさがあったんじゃない?」と尋ねてみた。

 

本人を含め、参加者全員の顔がキョトンとしていた。でも少し間をおいて「言われてみればそうかもしれないです……」と返事があった。この瞬間が、ダイアローグのハイライトだった。

出会い直しと新たな未来

傲慢だから怒っているのではない。短気だから怒っているのでもない。苦しさを怒りとして表現していただけだったのかもしれない。だとしたら、とてもピュアだ。

 

そうした新たな認識が生まれたことで、場の空気はガラリと変わった。まさに、人と人が出会い直した瞬間だった

 

ダイアローグの翌日、参加者の一人から「ワクワクする未来の兆しが見えてきました!」と連絡をいただいた。踊るような躍動感あるメッセージを読み、朝から幸せな気持ちになった。

人生を自分らしく!

相内 洋輔

contact_txt
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう