幼児に「コロナウィルスが怖い。私たちは大丈夫……??」と聞かれたらなんて答えるかを考えるワークショップ
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、幼児に「コロナウィルスが怖い。私たちは大丈夫……??」と聞かれたらなんて答えるかを考えるです!

 

この問いかけに回答するために、あなたが信じていることや、世界の良い兆しなどを洗い出し、内省を深めていただけましたら幸いです。

チェックイン

ぼくのワークショップは、必ず「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみていただきたいと思います。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

ひとりで読んでいる人は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる人は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか? (思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、評価したり、その人を変えようとしたりせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

スポンサーリンク

きっと世界は大丈夫と思える理由

では、本題について考えてみましょう! 今日の問いかけは幼児に「コロナウィルスが怖い。私たちは大丈夫……??」と聞かれたらなんて答える?でした。

 

このテーマを考えるにあたって、3つ切り口を用意いたしました。

 

  • あなたが信じていること
  • 世界の良い兆し
  • 幼児が喜びそうな理由

 

「あなたが信じていること」には、あなたの信念や価値観、ご経験などから思いつくことを書き出してください。

 

「世界の良い兆し」には、例えばワクチンの開発であるとか、苦境に置いても前を向いて行動をしている人の存在であるとか、あるいは政策とか、ポジティブに感じられる世の中の動向を書き出してください。

 

「幼児が喜びそうな理由」には、〇〇ちゃんはお父さんの宝物だから大丈夫とか、〇〇くんはお父さんがゼッタイ守るよとか、プリキュアがお手当してウィルスを無くしてくれるよとか、根拠が無かったり、意志が前面に現れていたり、夢想的なことでかまいませんので、思いつくことを書き出してみてください。

 

どの項目も、正解とか不正解とかがあるわけではないので、思いつく限り、たくさんの理由を書き出してみることをおススメします! 時間は10~15分程度でお願いいたします。

世界は大丈夫だと思える理由

書き終わったら、お一人で読んでくださっている方は、先へ進んでください。

 

複数人で読んでくださっている方は、きっと世界は大丈夫だと思う理由を共有しあってみてください。その場合、共有される意見は絶対に否定しないことを前提にし、お互いの考えを尊重し合っていただけるようお願いします!

幼児が実際に目の前にいたらなんて答える?

続いて、幼児との会話を具体的に想像してみましょう。

 

「コロナウィルスが怖いよ。私たちは大丈夫……?」 と幼児に聞かれたら、あなたはなんて答えますか??

 

_________だから大丈夫だよ!

 

という構文に、思い当たる理由の中からもっとも伝えたいことを入れて、返答を完成させてください。こちらは10分ほどでどうぞ。

 

もし、上記の構文以外の伝え方をしたい! と感じた方がいたら、上記にはこだわらず、自由に表現してくださってOKです。

世界は大丈夫だと思える理由

書き終わったら、お一人で読んでくださっている方は、幼児がどんな反応をしそうか想像してみてください。

 

複数人で読んでくださっている方は、みんなで共有しあってください。

あなたはどんな声がけが欲しい?

幼児が安心できそうな理由は浮かびましたか? 複数人でシェアしてくださっている方々は、きっとそれぞれ安心のポイントが違っていて、なるほど、そういう発想もあるのか~とお感じになったのではないでしょうか。

 

そして、唐突に問いかけてみたいのですが、もしあなたが「私たちは大丈夫だろうか……?」と不安に感じているとしたら、あなたはどんな声がけをしてもらいたいですか?

 

学術的な根拠のある研究の成果、政治の施策、気持ちがほっこりするような名言、お金の情報、根拠のない励ましなどなど、どんなことでもかまいませんので、あなたが言ってもらったら嬉しいことを考えてみてください。

 

そして、それを言ってもらうとどうして嬉しいのかも。

あなたはどんな声がけをしてもらいたい?

考え終わったら、お一人で読んでくださっている方は、じっくり今のお気持ちを味わってください。

 

人によっては、自分の力ではどうしても達成できない内容が浮かんで来ていて、がっかり感じてしまっている方もいるかもしれません。でも、そのことでご自身を責めないでくださいね。大切なのは、まずご自身の潜在的な願望に気づいておくこと、そうした気持ちと繋がっておくことだと思っています。

 

複数人で読んでくださっている方は、今どんな声がけをしてもらえると嬉しいか、みんなで共有しあってください。これはお願いなのですが、とてもピュアな想いが込められた共有になると思いますので、決して人のことを否定したりせず、お互いの気持ちを受け取り合うことをより意識してみてください。

チェックアウト

最後にチェックアウトとして、下記の2つを見つめてみてください。

 

・今日の気づき、発見はなんだったか

 

・今どんな気持ちを感じているか

 

1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

 

複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってくださいね。

最後に

・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

 

・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。もしお役に立てましたら、SNSなどでシェアしていただけますと嬉しいです!

 

・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

コロナウィルスの支援に関する情報

■首相官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_shien.html

 

■厚生労働省(相談・受信の目安、心の相談窓口等)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

 

■マネーフォワード(補助金・助成金等)

https://covid19.moneyforward.com/

 

今日も一日お疲れ様でした。また明日!

相内 洋輔

contact_txt
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事