「外出自粛を楽しむ心構えを整える」ワークショップ

ワークショップデザイナーの相内です。

 

対面でのワークショップを開催できない状況において、ワークショップデザイナーは何の役に立てるのか?

 

2~3週間ほど悩んだ結果、機能する対話のきっかけを提供することではないかという結論に至りました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

ぼくはこの不安定な状況下に置いて、機能する対話は「サーフボードのような存在」だと思っています。

 

コロナウィルスが終息するまでには、我らが体験したことも無いような波が、今後も次々に押し寄せてくることでしょう。

 

それらの荒波に飲み込まれるのではなく、波を乗りこなしながら未来へと進む力を作っていくためには、機能する対話が欠かせません。

 

また、刻々と変化していく状況の中で、精神状態を良好に保ちながら日々を過ごすためにも、同じことが言えます。

 

そこでこのブログでは、機能する対話の増加を意図して、ワークショップ形式での対話手順をご紹介することに決めました。

 

複数人で意見交換をしていただくのもいいですし、個人の内省にも使っていただけるように設計しています。どうぞ必要に応じて、ご活用ください。

 

今日のテーマは、「外出自粛を楽しむ心構えを整える」です。

 

はい。外出自粛なんて楽しいわけないです。

 

でも、楽しくないことを、楽しくないままにしているのはとてもツライことだと思うので、ほんの少しでも外出自粛をポジティブに捉えられるような発見が生まれたら、と思いこのテーマを選びました。

 

ぜひ、ワークショップに参加しているつもりで、自身や周囲の方々と対話をしていただけたら幸いです。

チェックイン

ぼくのワークショップは、必ず「今の気持ち」をシェアすることから始まります。

 だからこの場でも、ぜひ心を落ちつけて、じっくりご自身の中を探ってみてください。

 

今あなたはどんな気持ちを感じていますか?

 

体の状態はいかがですか?

 

心の中にはどんなことが湧いていますか?

 

ひとりで読んでいる人は、自分の中にある気持ちを見つめてみて、できればノートに書き出してみてください。

 

複数人で読んでいる人は、声に出して会話をしていい状況ならば、ぜひそれぞれの今の気持ちを共有してください。

 

ポイントは、これは良い気持ち、こっちは悪い気持ちなどと評価をしたり、これは思ってもいいこと、こっちは思ってはいけないことなどと制限を設けないことです。今感じている気持ちは、どんな感情であれ、あなたの大切な感情です。

 

こんなこと言っていいのか?(思っていいのか?)と感じることも、消そうとせずにそのまま扱ってください。

 

聴き手の方は、評価したり、その人を変えようとしたりせず、「あなたは今、そう感じているんですね」と、相手の気持ちを受け取ってください。

チェックイン対話

外出自粛に対してどうしても言いたいコト!

今日のテーマに対しては、まず始めにウォーミングアップとして「外出自粛に対してどうしても言いたいコト!」を明確にすることから始めましょう。

 

自分がどんなことを感じているのかを言語化しておくことはとても大切で、モヤモヤした得体の知れない気持ちを抱え続けるより、遥かにストレスが低下します。

 

暴言等の汚い言葉でも、ふだん使わない言葉でもかまいませんので、外出自粛に対してどうしても言いたいコトを、5分ほど考えてみてください。

 

  • あなたは外出自粛と聞いて、どんなことを感じましたか?または、感じていますか?
  • 外出自粛に対して、制限なく何でも言っていいとしたら、何て言いたいですか?

 

「何も言いたいコトはない」ということが見つかるのもOKですし、ポジティブなこと、ネガティブなこと、どちらが浮かんで来てもかまいません。

 

重複しますが、大切なのは、今あなたが感じている気持ちを、明確にしておくことです。

 

お1人で読んでくださっている方は、ぜひノートなどに書いて見るのも良いし、実際に口に出してみるのもいいと思います。その際はぜひ、感情を込めて言ってみるとなおGood!

 

複数人で読んでくださっている方は、言いたいことを伝えあってください。他のパートでもそうですが、共有される意見は絶対に否定しないことを前提にして、お互いの考えを尊重し合っていただけたらと思います。

外出自粛に対して言いたいコト!

外出しないとできないこと / 自粛中に工夫できること

続いて、少しずつ核心部へと迫って行きましょう!

 

始めに、以下の問いについて浮かんでくることを5~10分程度で書き出してみてください。

 

  • 外出しないとできないこととは?

 

こちらに関しては、思いついたことを出来る限り書くのがポイントです!

 

書き終えたら、自分が大切だと思うことから順番に番号をつけてみてください。

 

そうすることによって、あなたが不自由を感じていることと、なんとなく思いついたけど大して重要じゃないことの線引きができるようになると思いますっ。

 

複数人の方は、ぜひ作成したリストと、優先順位を共有してみてください。自分以外の方のリストと順位を聞くことによって、様々な発見があるはず!

 

次に考えていただきたいことはコチラです。

 

  • リストの項目の中に、工夫すれば自粛しながらでもできることはある?

 

先ほど書いていただいたリストについて、もちろん最上の解決策は自由にに外出ができるようになることだと思うのですが、ここでは、自粛中でも工夫をすればなんとか同等の体験ができることや、代替の手段を取ることができないかを考えてみましょう。あるいは、心構えを変えるということでもかまいません。

 

ただし、中には外出しなければゼッタイに達成不可能な項目もあると思います。そうした項目に関しては、無理に案を考える必要はありません。

 

大事なのは「工夫しだいでやりようがあるかも」と思える項目が、いくつかでも増えることなので、バカらしいアイディアも歓迎です!

 

こちらも5~10分での記入を目安にしてみてください。

外出しないとできないこと 工夫次第でできること

記入が終わったら、1人の方は、リストを見てどんなことを感じるかを味わってください。

 

複数人の方は、先ほどと同じように工夫できそうなアイディアを共有してください。突拍子もないことを言って笑いを取るもよし、実用的な方法を伝えてみんなを唸らせるのもよしです!

 

この共有から、それぞれの自粛の質が高まるアイディアが1つでも2つでも生まれたら嬉しいです!

ずっと家にいるからこそできること / 外出できないからこそ挑戦できること

上記では自粛のデメリットについてと、デメリットを解消するために取れる方策や、心構えの変化について観て来ましたが、ここからは視点を変えて、家に長期間いることのメリットに目を向けてみましょう。

 

そこで考えてみていただきたいのが、以下の2つの問いです。

  • ずっと家にいるからこそできることは?
  • 外出できないからこそ挑戦できることは?

 

こちらは10分程度で考えてみてください。

 

ちなみにぼくは、

  1. 電灯のカバーに溜まったホコリを掃除する
  2. まいにち掃除機をかける
  3. 娘とひらがなの練習をする
  4. パーマがかけられる長さまで髪の毛を伸ばす
  5. 午前、午後、夜に必ず筋トレをする

    などが浮かびました。

     

    ぼくは普段、ワークショップの進行を人前に立ってやっているので、髪の毛をぼさぼさにするわけにはいかないと思っているんですよね。

     

    なので短く刈り込んでいましたが、当分人に会う予定がないので、今なら髪の毛を伸ばす好機と思っています(笑)

     

    書き終わったら、1人の方は、これやってみてもいいかも! と感じるものを探してみてください。

     

    複数人の方は、また全体での共有をお願いします。そしてぜひ、自粛中に取り組んでみようかしら、と思えるアイディアを見つけてください!

    ずっと家にいるからこそできること 外出できないからこそ挑戦できること

    あなたの自粛期間に名前をつけるとしたら?

    ここまでいかがでしたか? 何か有意義な発見が生まれていたらとても嬉しいです。

     

    さて、今回のワークショップのラストは「自粛期間に名前をつける」にしたいと思います。

     

    自粛期間をただただ耐えるのって、やっぱりどうしたって、シンドイと思うんですよ。

     

    でも名前をつけることによって、自粛をしていることに意味づけが行えたら、きっとほんの少し、ストレスも低減されるのではないかと思うのです。

     

    ただ、いきなり名前をつけろと言われても難しいと思うので、上記で感じてきたことに加えて、

    • 自粛期間をどんな風に過ごしたいか
    • 自粛期間にどんな成果を得たいか
    • 自粛期間にどんな気持ちを感じていたいか

    などを見つめてみると良いと思います。

     

    ちなみにぼくは「進化するための穴ごもり!」と名付けたのですが、「自粛」というワードが、「穴ごもり」へと変わったことで、ちょっとだけワクワク感が増しました。

     

    そして、この期間を無駄にせず、成長を遂げたいと感じている自分の気持ちに気づきました。

    自粛期間に名前をつけてみる

    ぜひあなたの自粛期間にも、5~10分ほど時間をかけて、イケてる名前をつけてあげてください。

    複数人の方は、終わったらぜひみんなと共有をして、お互いの自粛期間を応援し合ってみて!

    チェックアウト

    最後にチェックアウトとして、下記のことについて見つめてみてください。

     

    ・今日の気づき、発見はなんだったか

    ・今どんな気持ちを感じているか

     

    1人の方は、ノートなどに書いてみることをおススメします。

     

    複数人の方は、ぜひ率直な感想を共有しあってください。

     

    今日はこれで終了ですっ!

    最後に

    ・コロナウィルスに関連することを考えたり、ご自身のことを見つめるに当たって、不安に押しつぶされそうになったり、自分自身でいられなくなってしまうような恐怖を感じた場合などは、決して1人でなんとかしようとせず、ご家族や友人などの信頼している方、カウンセラーやコーチなどの専門家にSOSを発信してください。

     

    ・本記事の内容については、資料も含め、ご自由にお使いください。もしお役に立てましたら、SNSなどでシェアしていただけますと嬉しいです!

     

    ・対話を設計して欲しいテーマについてリクエストがあれば、コメント欄、メール、TwitterのDM等でお知らせいただきましたら前向きに検討させていただきます!

    コロナウィルスの支援に関する情報

    ■首相官邸

    https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_shien.html

     

    ■厚生労働省(相談・受信の目安、心の相談窓口等)

    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

     

    ■マネーフォワード(補助金・助成金等)

    https://covid19.moneyforward.com/

     

    今日も一日お疲れ様でした。また明日!

    相内 洋輔

    contact_txt

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事