『縄文メニューを考案する』小中学生向けワークショップを開催!

場作り屋の相内です!

私は仙台を拠点にワークショップの企画運営やファシリテーション、

コーチングなど、人が前進するための場作りを行っています!

 

先日青森にて、

縄文メニューを考案するワークショップを開催させていただきました!

世界遺産を目指す縄文遺跡群 学芸員なりきりツアー実行委員会の高校生からの依頼でした!

小中学生向けのワークショップは10数年ぶりだったので、非常に楽しませていただきましたっ!

 

楽しくアイディアを出しあう体験を目指して!

今回はアイディアを組み合わせると新しいものが生まれて楽しいっ!

という体験を持ち帰って欲しいと思い、

遊びながらアイディアを出せるような流れとなることを意識して

過去のアイディア出しワークショップをアレンジしました!

 

実施した経験のあるワークショップなので要点はつかめていたのですが、

今回は対象が小学5年生~中学2年生ということだったので、

大人と違ってどこまでやれるんだろう!?

という勘所がつかめず、会場に着くまで実は少しドキドキでした・・・。

 

15年前は毎月のように小中学生向けのワークショップを実施していましたが、

さすがに年月が経ちすぎると不安ですよね。

 

会場の「縄文の学び舎・小牧野館」に着くと、

参加者はちょうど職員から縄文文化のレクチャーを受けていたところでした!

縄文の学び舎・小牧野館

 

縄文人の衣食住や土器の特長、信仰などを丁寧に教えてくださっていて、

参加者たちは興味津々にメモを取っていました。

 

あっ、この雰囲気なら大丈夫そう!!

と思える陽気な空気感が伝わって来て、すごく安心しました。

 

いざ縄文メニューを考案!

その後バトンタッチしていただき、

『縄文メニューを考える』というお題で、

参加者と一緒に縄文らしい食事メニューとグッズのアイディアを発散しました!

今回はブレストとマンダラートを用いて2時間半ほどのワークでした。

 

ざっくりとですが、このような流れで展開!

 ①縄文らしい物をできる限り書き出す

 ②現代の食事メニューを思いつく限り書き出す

 ③縄文らしい物と現代の食事メニューを掛け合わせる

 ④マンダラートを使って縄文グッズを開発する

 

食事もグッズもアイディアを出しやすいように切り口を絞って提示したのですが、

男の子の一人が「インスタ映えがわかんないよーーーー」

とぼやいていたのだけは申し訳なかったです・・・(笑)

【投影資料】高校生と共に学ぶ世界遺産・縄文でビジネス!子どもワークショップ

 

ちなみに、高校生以上の大人に「アイディア出しは得意ですか?」と聞くと、

ほとんどの人がバツが悪そうに下を向くのに対し、

今回はほとんどの参加者が得意に挙手をしていたのが面白かったです!

実際、こちらが想定していた以上に奇抜なアイディアがたくさん生まれました!

 

例えばこちら、勾玉の光るイス!

「形を真似る」という、食事メニューを考案する際に提示した切り口と、

「インスタ映え」というグッズ開発の際に提示した切り口を合わせ、

ユニークな商品を生み出してくれました!

超バエる!

縄文グッズ1

 

個人的にはこちらのドキドキ土器という入浴剤が好きです!

土偶の形の入浴剤で、溶けると中から小物が出てくるんですって!

土偶って女性を模して作られた物が多いので、

良いストーリーを創作すれば本当に商品化できるんじゃないかなとワクワクしました。

縄文グッズ2

 

ワーク中は参加者の多くが、

「アイディアが生まれるのが楽しくて仕方ない!!」

という表情を浮かべてくれていたのがとても嬉しかったです!

 

 

嬉しかった実施までの経緯!

実は今回のワークショップは、

2017年のMY PROJECT START UP CAMP 東北カイギ

に参加してくれた高校生からのオファーでした!

 

まさか東北カイギの参加者からワークショップデザイナーとして呼んでもらえるなんて、

しかも青森までの交通費や謝金もいただける状態で呼んでいただけるなんて思ってなかったから、

今年のワークショップの中でも上位に入る嬉しい時間でしたっ!

呼んでくれてありがとうございました!

 

詳しく経緯を聞いてみると、

「あおもりリーダー育成プラットホーム 平成30年度民間主導型人材育成プロジェクト推進事業」

という青森県の助成金を取って予算を確保し私を呼んでくれたんだそうです。

そしてこの後にも2回のワークショップ体験が控えているとのこと!

すごい・・・!

 

事前の打ち合わせで出してくれたペーパーには、

構想の骨子、現時点で決まっていること、議論したいこと、当日の予定案などがキレイに整理され、

いますぐ社会人になっていてもおかしくないようなクオリティでした!!

当日の運営もきめ細かいからすごく安心してリードできましたし、

こんな子なら今すぐ一緒に働きたい!!

大学卒業したらうちに来てくれないかなあ。

 

東北カイギのOG

 

そんなスーパーな彼女の活躍を間近に見て、

これからもワークショップを通じて、

東北の若者の育成に関わって生きたいと決意が新たになった1日でした!

 

ちなみに今回のような非営利の活動でしたら、

交通費と最低限の謝金でお手伝いさせていただきますので、

もしご興味をお持ちになられたらお問い合わせください。

どうすれば縄文遺跡は盛り上がる?

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

 

私がワークショップを始めた動機

『人が自由に自分の意図に沿って前進できる世界』を目指して!

 

ワークショップの運営や作成におススメの記事

ワークショップを簡単に作るためのフロー

場の空気をつかみ研修で適切なファシリテーションをするための具体的なチェックポイントとコツ

ワークショップ研修の進め方~私が基本としている3つの仕掛け~

ワークショップでファシリテーターを務める時に大切にしていること

ワークショップで参加者の気分を害さないリードの要点!

参加者の心を動かすワークショップに欠かせない投影資料とは!?

アイスブレイクを制する者はワークショップを制す!~おすすめのアイスブレイク~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です