ぴんくのだんごむしをプレイ!
スポンサーリンク

ワークショップデザイナーの相内です!

先日、秋田地域振興局様からご依頼をいただき

アイディア体質になる!

というワークショップを

地元企業に就職した若手社員20名

の皆様に体験いただきました!

 

今回は若手社員どうしの横のつながり

を生み出すことや

 

仕事に使えるスキルの習得

を意図して欲しいとのご依頼でしたので

 

楽しくワイワイ取り組めて

かつ協働の時間も設計することができる

アイディア出しの方法を身に付ける

ワークショップを選んでみました!

 

日本人の多くは

アイディア出しが苦手です。

 

正解を探さなきゃいけない

という固定観念が強いので

自由に発想することに抵抗があるんだろうな。

ぼくも昔はそうでした。

 

でも大学生の時に

考具』という一冊に出会ってからは

どんどんアイディアが創り出せるようになって

いまこうしてワークショップを創る仕事をしています。

 

今回も例に漏れず

たくさんの方が

「アイディア出しは苦手」

と教えてくれたので

とてもやりがいがありました!

ぴんくのだんごむしカード

アイディア体質になるための練習!

スタートは現在製品化に向けて

クラウドファンディングを実施中の

ぴんくのだんごむし」から!

ぴんくのだんごむし 難問

クマが食べるもの!!

しゃけ!?

正解っ!!

 

(え?ゾウを色だけ・・・?)

グレー!

グレー!!

グレー!!!

 

え?それじゃわかんないよーー!

 

と軽快なやりとりが続き

各グループとても楽しそうでした。

ぴんくのだんごむしをプレイ!

その後、

ぼくがアイディア出しが苦手だったころの体験と

アイディアを出すための手法を2つお伝えして

まずは個人練習をしていただきました。

アイディアの出し方

量は質に転化する!

今回ご参加いただいたみなさんは

本当に飲み込みが早くて

配った紙にはアイディアがびっしり!

 

その様子を見ていてすごく安心しました。

 

新しいアイディアは

既存のアイディアどうしを組み合わせて創られるので

たくさん数が出るということは

それだけ新たな可能性が生まれるということ!

 

個人的には

新しい屋台のメニューを考える練習で

「マズイ」屋台のメニュー

を掘り下げていた方がいたのが印象的でした。

 

マズイものをわざわざ作ろうって発想に

人はなかなかなれないんで

逆に面白いアイディアの種になりうるなあと

本当に感心しました。

スポンサーリンク

アイディアを協働して形にしよう!

続いてグループを組んで

ひとつのアイディアを作り

企画書のFMTにまとめる

という体験をしていただきました。

 

アイディア出しについては

今回お借りしていた会場が結婚式場だったため

「20代の若者にウケがいい結婚式とは!?」

というテーマを設定しました。

 

企画書のFMTは

人に物を伝える際や

自分の思考を抜け漏れなく整理する際に

大変に役立ちますので

身に付けておいて損はないはずと思い

私がソフトバンクで働いていた時代に

上司から教えてもらった企画書の項目を厳選して

必要最低限にしたFMTを使っていただきました。

 

50分間という短時間だったにも関わらず

4グループとも時間内にアイディアを練り込み

FMTの項目を全て模造紙に記載して発表する

という見事な成果でした!

アイディアは各チームとも

地に足のついた内容が多く

興味をそそられました。

 

派手にお金を使うより

自分たちの心地がいいように

リーズナブルにカスタマイズして

思い出に残る式にしたい!

 

という発想から企画をしたチームがほとんどで

今の若者の嗜好が

よーく反映されているなあと感じました。

こちらも聞いていて楽しい発表でした。

 

最後の振り返りでは

「今日やったマンダラートがすごく良かった!

これからどんどん使いたい!」

と嬉々として感想をシェアしてくれた方が

とても印象的でした。

そう思ってくださり本当に良かった。

 

3時間30分という駆け足な時間でしたが

何かほんの少しでも

日々の業務に持ち帰れる学びが生まれていたり

新たな友人関係が芽生えていれば幸いです。

 

チームビルディングや

参加する人がつながるための場作り

を行いたい方がいらしたら

ぜひお気軽にご連絡ください!

 

ワークショップのお問い合わせは

workshop.design44@gmail.com まで。

 

人生を自分らしく!

相内 洋輔

contact_txt
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事